健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

カフェオレとカフェラテの違いとは?モカ・カプチーノとの違いも知って納得!

カフェオレとカフェラテの違いとは?モカ・カプチーノとの違いも知って納得!

今ではあまり見かけなくなりましたが、珈琲専門の喫茶店に漂うあの香りは格別のものです。挽きたての豆、入れたてのコーヒー、湯気と静かに流れるBGM。日常の煩雑さを忘れさせてくれる優しい空間でした。最近ではカフェに姿を変えカジュアルで賑やかなイメージになりましたが、魅惑的なコーヒーの香りは変わらず私達を包んでくれています。カフェで友人たちとするおしゃべりは楽しいものですが、「今日は何を飲もう?」コーヒー選びも楽しいですよね。

カフェで見かけるコーヒーの種類の違いについてです。

<スポンサードリンク>

コーヒーの違いとは

まずはコーヒーの違い。ドリップコーヒーとエスプレッソがあります。ドリップコーヒーは挽いたコーヒー豆にお湯を注いで抽出したもの。コーヒーメーカーと共に普及し一般的なコーヒーとして知られています。エスプレッソは蒸気圧で高温・短時間で抽出したもので、濃厚な味になります。豆の煎り方や挽き方も違い、エスプレッソのほうが深入りで繊挽です。最近では専用のマシーンが多く出回り一般的になっています。

 

カフェオレとは

フランス語のCafé au lait がそのまま日本語になりました。Caféはコーヒー、lait が牛乳を意味します。フランス人の代表的な朝食で、大きなボウルにコーヒー(ドリップ)と温めた牛乳を半々ずつ入れ砂糖をたっぷり入れていただきます。

 

カフェラテとは

イタリア語のCaffellatteが日本語化したものです。こちらもコーヒーと牛乳を意味します。ただしコーヒーはエスプレッソ、牛乳は蒸気で温めたものです。コーヒー専門店で使われているエスプレッソマシーンの端っこに蒸気を出す管が付いているのをご存じでしょうか?冷たい牛乳をカップに入れてこの管から蒸気を注入します。すると細かい蒸気が牛乳を泡立てながら瞬時に温めます。これをエスプレッソコーヒーに注ぐとカフェラテの出来上がり。クリーミーな舌触りに仕上がります。ちなみにフランスではカフェラテをカフェオレと区別してカフェクリームとも呼びます。

 

カプチーノとは

こちらもイタリア発。イタリヤのキャプサン修道士の衣装のフード(capuche)が語源と言われます。イタリアのキャプサン修道士は頭を削いでいたのでフードの下の頭が茶色と白のイメージとか修道士の衣装の色がカプチーノに似てるとか。

エスプレッソコーヒーに蒸気で温めた牛乳を入れますが、エスプレッソとの違いは牛乳を完全に泡立ててクリームにすることです。ですのでクリームがコーヒーに混ざらずに浮いている状態です。カフェラテと区別してカフェムースとも呼ばれます。イタリアでは2007年にカプチーノの商品名が正式に商品登録されました。

 

カフェモカとは

モカコーヒー豆はカカオに似た香りがすることから、エスプレッソコーヒーにチョコレートシロップとクリームを混ぜたものがカフェモカです。よく透明なグラスに注がれて登場する訳は、下に沈むエスプレッソ、中間のチョコレートその上のクリームの三層を見せるためのお洒落な演出だとか。

 

それぞれの違いや差のまとめ

フランス発、カフェ・オレはドリップコーヒーに牛乳。両者がしっかり混ざるので胃にやさしいと言われいます。変わってイタリア発、カフェ・ラテはエスプレッソにスチームミルク。別名カフェクリーム。同じくカプチーノはエスプレッソにスチームミルクただしこちらは完全なムースで別名カフェムース。カフェモカはエスプレッソにチョコレート入り。

カフェラテもカプチーノもエスプレッソにミルクで作るので似ていますが、違いはミルクの量と泡の立て方。カプチーノの方がミルクが多めでしっかり泡立っていますので、よりクリーミーです。また下のコーヒーとミルクが混ざらずに浮いている状態なので、エスプレッソのビーターな味をしっかり楽しめます。

カフェでメニュー選びに迷ったとき、ちょっと参考にしてください。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top