健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

正月料理おせちの伊達巻きの意味と由来は?政宗との関係は?

最近の投稿

More
正月料理おせちの伊達巻きの意味と由来は?政宗との関係は?

ついこの間まで夏真っ盛りだったのに、あっという間に冬が近づいてきました。

冬が近付くにつれおせち料理のことについて考える方も多いのではないでしょうか。

デパートやスーパー、コンビニエンスストアではおせちの予約受付のポスターが貼られ、今年は買ってみようという方や自分たちで作ろうという方もいらっしゃって、年末は各々正月に向けて動かれます。

<スポンサードリンク>

「おせち料理」の由来

さて、おせち料理に入る様々な料理にそれぞれ意味や由来があることを皆さんはご存知でしょうか。

まず、おせち全体の由来について説明します。起源は弥生時代にさかのぼります。

当時の人々は作物の収穫を季節ごとに神様に感謝し供え(節供)、供えたものを料理して(節供料理)、大漁や豊作を願い、自然の恵みに感謝して食べていました。

この「節供料理」がおせち料理の始まりです。

 

 

「おせち料理」の中身

さて、おせちにはどのような料理が並ぶのでしょうか。

一般的には数の子、田作り、黒豆、たたきごぼう、かまぼこ、栗きんとん、伊達巻き、レンコン、菊花かぶ、エビ、ぶり、鯛、うなぎ、昆布巻、御煮しめなどがあります(もちろん各地域によって多少の違いはあります)。

これらは2,3日は日持ちがするという以外にもそれぞれ意味があります。

 

スポンサードリンク

「伊達巻の」意味と由来

今回は、伊達巻きにスポットを当てて話します。

伊達巻きは魚のすり身と卵を混ぜて、焼いて巻いた食品であり江戸時代に長崎から伝わった料理です。

当時「カステラ蒲鉾」と呼ばれていたそれが、伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたので現在の名称で呼ばれるようになりました。

他にも「伊達正宗が好んでいた」という説や「女性の和服に使う伊達巻に似ているから」という説もあります。

正月料理おせちの伊達巻きの意味と由来は?政宗との関係は?

意味としては、その形が巻物の形に似ていることより、学問や習い事の成就を祈願して食べられるようです。

また、色が黄色く目を引くので見栄えを良くするためによく入れられるようになりました。

ところで、皆さんは伊達巻きをどうやって作るでしょうか。

ふわふわして、甘いものを作ったりされる方、少し塩味をきかせる方と様々いらっしゃると思います。

料理本などでおいしく調理するためのアドバイスが書いてあるのでどのような味付けをしようか迷われている方は参考にされたらいいのかもしれません。

 

まとめ

ただなんとなく食べている料理を少し由来や意味を考えたり調べたりすると新しい発見があります。

他のおせち料理や他の行事に出される料理を調べてから実際に食べると面白いかもしれません。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top