とうもろこしのゆで方と電子レンジ調理法!美味しい甘いレシピをあなたへ!

夏といえばとうもろこしがおいしい季節ですよね。真夏に縁側で食べるとうもろこし・・・なんて風情があっていいのではないでしょうか。

「このとうもろこし、あま~い!」とびっくりしてしまうようなおいしい調理方法があるんです。

おいしいともろこしを食べたいけど、なかなか調理をするのに自信がないというあなたにお勧めの方法があります。絶品のとうもろこしを食べたい!あなた!おすすめの調理方法をご紹介します。

ぜひ試してみてくださいね!

<スポンサードリンク>

とうもろこしは鮮度が重要!

どの野菜でもとれたてがおいしい!と言われていますが、とうもろこしは他の野菜よりも鮮度が重要だと言われています。

その理由はまずは鮮度が落ちやすい野菜であるということです。

収穫してから一日たっただけで、1%から3%の糖度が落ちてしまいます。

できることなら、収穫したらそのまま鍋へ!と言われているくらいの野菜なのです。

鮮度が落ちると糖度が落ち、あま~いとうもろこしではなくなってしまいます。

少しでも早く調理することがあま~いとうもろこしを食べるのには重要です。

でも、そんなに畑からすぐ鍋へ!というわけにもいかないですよね。

っていうことで、今回は

とうもろこしのゆで方と電子レンジ調理法!美味しい甘いレシピをあなたへ!

をテーマにおいしいとうもろこしの調理方法のご紹介です。

格別においしいとうもろこしを食べることができますよ♪

 

シェフ直伝☆おすすめのゆで方

ここからはシェフがお勧めしているおいしいゆで方についてお伝えします。

用意してほしいもの
  • 浅くとうもろこしが横に入る大きさの鍋
  • 水(とうもろこしが隠れるくらいの量)
  • 塩(天然塩がおススメ)
ゆでる手順
  1. とうもろこしを最後の皮を一枚残して取ります。
  2. 最後の一枚の皮が残った状態で、鍋にいれとうもろこしが隠れるくらいの水を入れます。
  3. 塩を入れます。(水1リットルに対し、塩大さじ2杯弱)
  4. 火にかけ沸騰して10分が立ったら出来上がりです。
  5. 一枚の皮をとりどうぞ召し上がってください!
注意してほしいこと

★水が沸騰してくると、とうもろこしが浮いてきてしまうことがあります。

そのときには、落し蓋でとうもろこしが浮いてこないようにしてくださいね

落し蓋をしないとゆで加減にばらつきが出てきてしまいます。

スポンサーリンク

電子レンジを使ったおすすめの調理方法!

暑い日にわざわざ鍋を出して・・・火を使って・・・そんなのは嫌!というあなたにおすすめの方法です。

用意してほしいもの
  • サランラップ
レンジでチンの手順
  1. 最後の一枚の皮を残すように皮をむきます。
  2. とうもろこしをサランラップで包みます。
  3. とうもろこしをレンジに入れ、600Wで11分チンをしたら出来上がり♪
  4. やけどに注意し、最後の一枚の皮を取ってお召し上がりください☆
注意してほしいこと

★たくさんのとうもろこしを一度にレンジでチンしようとすると、ゆであがったところとまだ生の部分が出てきてしまいます。

小分けにしてレンジでチンをするか、途中でとうもろこしの位置を変えてくださいね。

さらに、そのレンジによって多少時間のかかり方が違ってくる場合があります。

私は100グラムにつき1分半くらいを目安にしています。

何回かやっていくうちに慣れてくるかと思いますので頑張ってみてくださいね。

 

手軽に甘いとうもろこしを食べたいならレンジがおススメ!

収穫したときから糖度がどんどん落ちてきてしまうとうもろこしは時間との勝負になります。

買ってきたらすぐ茹でて保存しておくのが一番おすすめの方法なんですが、一枚ずつ皮を取って鍋を出して・・・となると大変ですよね。

そんなときに便利なのが、やっぱりレンジでの調理法なんです。

2本ずつでも3本ずつでもレンジを使えばすぐにおいしい甘みたくさんのとうもろこしを食べることが可能ですよ!

ぜひ一度試してみてくださいね♪♪

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★