【結論】市販の風邪薬はどれも効かない!選び方を効果・種類・副作用から正しく理解しよう!

「【結論】市販の風邪薬はどれも効かない!効果・種類・副作用を正しく理解してますか?」という批判的なタイトルから始まった今回の記事ですが、風邪をこじらせたことがある方であれば一度は市販薬に頼った経験があるかと思います。でも、ドラッグストアや薬局などに陳列されている風邪薬コーナーの薬の量に圧倒されてしまい、どれを選んでいいか迷ったこともあるのではないでしょうか?

人によっては色々な種類やメーカーを試して自分に合う市販薬を見つけたり、風邪のパターンが決まっている人はその症状に特化した薬の方が効果的だと薄々感づいている人もいることでしょう。

今回は誰もが経験したことのある風邪の特効薬を市販薬からチョイスするのに役立つであろう「風邪薬の正体とおすすめの市販薬の選び方」が読めば分かる情報をお届けします。知らなかった方にとっては新常識となること間違いありませんのでぜひ参考にしてみてくださいね。

風邪に効果的な薬は存在しないという事実

実は”風邪に効く薬というのは存在しない”という噂はみなさんもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか?その噂はまぎれもない事実であり、その理由は風邪の症状自体が軽症であることがその原因となっています。

風邪の原因は細菌やウイルス感染によるものなのですが、インフルエンザなど死亡者が出るような命に関わるウイルス感染とは違って風邪で死亡するということはほぼありません。風邪の症状を辛く感じる方もいますが、しばらく安静にしていればごく自然と治ってしまうため風邪薬の開発をするよりももっと重篤で重い症状や病気を治すための治療薬開発が急務のためです。

では、一般に市販されている風邪薬の正体とは一体何なのでしょうか?

 

市販薬の正体は「治療薬ではなく不快症状を緩和させる対症状薬」

市販薬は効果がないから必ず内科病院を受診して薬を処方してもらうという方もいるかと思いますが、病院で処方された薬を服用しても治らないと感じている方も多いはず。また、耳鼻科で処方された薬の方がよく効くと感じている方もいらっしゃることでしょう。

これはあながち間違いではなく、一般的な風邪薬というのは風邪による不快な症状を和らげることが目的に開発されており、風邪自体を治すことを目的としていないのです。その理由は前述した風邪の原因にも関わってくるのですが、風邪の原因菌の多くはウイルス感染であり種類も1つではなく数種類のウイルスに同時感染している場合が多いのです。さらにその組み合わせも膨大なためインフルエンザウイルスのような特定のウイルスに効くワクチンを開発することが難しいという理由もあります。

スポンサーリンク

市販の風邪薬の効果(主成分・副作用)

市販の風邪薬は対症状薬であることは理解できたと思いますが、市販薬の主成分もほぼ決まっていて「抗炎症剤」「抗ヒスタミン剤」「鎮咳・気管拡張剤」「去痰剤」の4種類の成分に加えて、眠気に代表されるそれぞれの副作用を抑えるためのカフェインなどその他の成分によって構成されています。

「風邪薬を多めに飲むと効果的」というのは間違った知識であり、実際に容量の2倍、3倍と飲むと逆に免疫力が下がったり体調が悪くなったり別の合併症を招く危険性が高まります。風邪薬にはウイルスを死滅させたり免疫力をアップさせる効果はなく、あくまで症状を抑えるだけの薬という理解が正しいのです。

抗炎症剤の成分

成分:アスピリン・アセトアミノフェン・イブプロフェン・エテンザミド・メフェナム酸・イソプロピルアンチビリン・スルピリン・ロキソプロフェン・塩化リゾチーム・トラネキサム酸

抗ヒスタミン剤の成分

成分:メチレンジサルチル酸プロメタジン・クロルフェニラミン・ジフェンヒドラミン・クレマスチン・メキタジン・マレイン酸カルビノキサミン

鎮咳・気管拡張剤の成分

成分:ジヒドロコデイン・デキストロメトルファン・ノスカピン・エフェドリン・メチルエフェドリン

去痰剤の成分

成分:グアイフェネシン・プロムヘキシン・カルボシステイン・アンブロキソール

その他の成分

成分:カフェイン・ビタミン類 など

抗ヒスタミン剤や鎮咳・気管支拡張剤には眠気が成分が含まれるものが多くカフェインなどでそれをうち消すように配合されています。抗炎症剤の成分は単品だと痛み止めや頭痛薬としても使われており、去痰剤は副作用がほとんどない割によく効く成分です。

スポンサーリンク

病院で処方されがちなPL顆粒の効果とは?

風邪をひいて病院を受診すると多くの場合はPL顆粒という非ピリン系の総合感冒薬が処方されますが、このPL顆粒の成分を見てみても市販薬より少しだけ効果がある程度だと分かります。飲んでもすぐに風邪が治るわけではなく、症状がいくらか落ち着く程度なので、市販薬と変わらないと感じる方が多いのも納得できますね。

 

風邪に効く風邪薬の選び方と注意点

実際のところどの風邪薬も変わらないというのが事実です。ただ、市販薬を選ぶ時に注意したいのはやたらと成分が多い物です。前述した4成分はもちろんの事、他の市販薬に含有させて良いとされている成分をとにかく詰め込んだ市販薬も実際に販売されていますが、成分が多くなりすぎると成分同士が喧嘩をしてしまい、体調が悪くなったり逆に風邪が長引いて治りづらくなってしまう原因にもなります。

自分に合った最適な市販薬を正しく選ぶには、自分の風邪の症状を緩和する成分が含まれている市販薬の中で一番安い薬を選ぶだけで十分なのです。成分が多すぎる市販薬は選ばないように注意しましょうね。

 

症状別に効くおすすめ市販薬はどれ?

さて、実際に選ぶならどのような市販薬がおすすめなのか気になりますよね。実際の市販薬の中でも薬剤師さんがおすすめしている風邪薬を以下の記事で紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

「市販のおすすめ風邪薬ランキング!症状別(咳/熱/喉の痛み/鼻づまり)眠くならない薬はコレだ!」

風邪を早く治すためには、しっかりと体を休んで栄養ある食事を心がけ、無理はせずに短期集中でガッツリ休むことが大切です。風邪薬はあくまで不快な症状を和らげるだけのものなので、頼りすぎは禁物ですよ。また、1週間以上経過しても治らない場合は別の病気の初期症状や感染しているサインである可能性も高いので早急に病院を受診してください。咳が激しくなってきている場合などはマイコプラズマ肺炎などに感染している危険性が高く、周りの方にも感染するので注意するようにしてくださいね。

関連記事:「高熱や微熱の原因となる子供の病気と症状一覧!風邪以外に20種類以上もある!」

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★