風邪薬のアレルギー症状に驚愕!市販薬の副作用は頭痛や下痢だけじゃない!

市販の風邪薬に潜む副作用の脅威をあなたはご存知ですか?「薬は病気を治すものだから安心」と思うのは大間違いです!薬は元々薬物のため大量摂取をすれば危険なのは当然なのですが、適量とされる分量を服薬していても頭痛やめまい、吐き気や下痢症状などの副作用に加えて以外と知らないアレルギー症状を招く恐れがあるのです。

今回は市販の風邪薬に潜む危険性と内服時の注意点について解説したいと思います。

下痢や頭痛などの副作用が起こる原因

okusuri_techou2

薬というのは基本的に薬物であり、病原となるウイルスや細菌、症状に対して抑制する効果がある成分が含まれる薬物を人間の体に害が及ばない量に配合されています。「用法・容量をお守りください」としつこいくらいにパッケージなどに書いてありますが、それはこのことが分かれば当然といえば当然ですよね。

そして、微量ではありますが、個人差によってその薬が体に働きかける(副作用)場合があります。薬品である以上、体に出る反応はあまり良いものではないと想像できますが、それが「下痢」「頭痛」「倦怠感(だるさ)」「めまい」「吐き気」「眠気」などの諸症状なのです。

「目が冴える」「良いアイデアがポンポン浮かぶ」「やる気がアップする」などポジティブに働く副作用なら全然ウェルカムなんですけどねー。。。そういった効果を主作用とする薬もありますが、結局のところそういった類のものはその副作用によって身を滅ぼすことになりますので皆さんは手を出さないようにしましょうね。

 

市販薬の副作用はいつまで続くの?

容量を守って服用している場合は特に心配は無用で、違和感や症状が出たと思ったら直ちに服薬を中止すれば大丈夫です。その後、心配であったり副作用症状が継続する場合はすぐに医療機関を受診し相談するのが一番でしょう。

持病持ちで長期的に服用することを目的にする場合も医療機関を受診し医師から処方してもらうのが一番です。定期的に偏頭痛やお腹を下したりするから、頭痛薬と下痢止めや整腸剤を常備薬として持ち歩いている方も一度診察して専門の医薬品を処方してもらった方が良いです。

お薬代が高いのはその効果が認められているからであり、「安心や安全」を買うと思えば安いものです。どの薬にも主作用と副作用があることを理解しましょう。

 

一般的な薬の副作用

okusuri_techou

一般的な感冒薬(風邪薬)の主作用は「鼻水を止める」「喉の痛みを軽減する」などですが、副作用としては「眠気(眠くなる)」という症状が一番身近で体験したことがある人も多いのではないでしょうか?

その他にも、

  • 痒み(身体がかゆくなる)
  • 発疹や湿疹(ブツブツが出来る)
  • 動悸(胸がドキドキする)
  • めまい(フラフラしたり目が回る)
  • 腹痛(お腹が痛くなったり疼く)
  • 下痢(軟便や水様便が出る)

という副作用が一般的に起こる副作用として知られていますが、最も恐ろしい副作用はアレルギー症状なのです。今回はこの薬物アレルギーについて知っていただきたいので以下に解説していきます。

スポンサーリンク

薬物アレルギー症状が危険な理由

薬物アレルギーの主な症状は、

  • 眼疾患(眼のかゆみ)
  • 皮膚疾患(発疹・皮膚のかゆみ・中毒性表皮壊死融解症)
  • 内臓疾患(腎障害・肝障害)
  • 血液障害
  • 呼吸器疾患(気管支喘息・間質性肺炎・喘息発作重積)
  • 関節痛
  • リンパ節腫張
  • アナフィラキシーショック
  • スティーブンス・ジョンソン症候群

などの症状が薬物アレルギーの主症状とされており、この症状を引き起こすと最悪の場合は死に至るケースがあるので注意が必要なのです。日本でも市販の風邪薬解熱剤鎮痛剤(痛み止め)などの副作用による薬物アレルギー症状により死亡する事例が発生しているので他人事ではないのです。

上記の薬物アレルギー症状のうち最も重篤で危険な副作用は「スティーブンス・ジョンソン症候群」で副作用による死亡原因の第1位の症状となっています。これは誰にでも起こりうる可能性があるため、普段から市販薬を常備薬としているあなたは要注意ですよ。

詳細記事:スティーブンスジョンソン症候群の症状と原因・眼の後遺症について

アレルギー症状を起こす危険性がある人の特徴

誰にでも薬物アレルギー症状を引き起こす可能性はあるのですが、特に注意すべき人は既往歴がある人家族歴がある人です。既往歴とは過去に薬の副作用が出たことがある人で、家族歴とは副作用が出た家族が血縁者の中にいる人です。このようなケースに該当しうる人は薬物アレルギーを発症する可能性が高いため、服薬の際には特に注意する必要があります。

 

症状が出たらどうしたらいいの?

okusuri_techou3

薬物アレルギーにせよ一般副作用症状にせよ、「あれ?おかしいな。」と思ったらすぐに医療機関を受診し早期治療を行えばアレルギー症状を引き起こしたり副作用症状の重症化を避けることができます。

  1. 用法・用量を守ること
  2. 医師・薬剤師に相談すること
  3. 薬を知ること

以上の3点に注意することで水際でリスクを回避することができるので、しっかり理解して対策に努めましょう!

たかが風邪薬、されど風邪薬ですよ。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です