爪に白い点ができる原因と対処法 | 白斑は病気や栄養不足のサインなの?

ふと爪と見たときに「あれ?爪の真ん中に白い点がある!病気?!」と不安に思った経験はありませんか?

もし何か病気だったらどうしよう・・・と思ったことのある人もいるかと思います。

爪のピンクの部分に白い点があるとびっくりしてしまいますよね。

今回はこの白い点について調べてみました。

「爪に白い点ができる原因と対処法 | 病気や栄養不足のサインなの?」をテーマにお送りします!

<スポンサードリンク>

爪にできる白い点はなに?原因は?

爪にできた白い点が見つかった場合、最も多いのが

「点状爪甲白斑」

というものなんです。

初めて聞いた人も多いのではないでしょうか。

この点状爪甲白斑は、爪の根本の甘皮付近で爪の成長に異常が起きたときにあらわれるものなんです。

多いのは、爪にちゃんとなりきれなかったときに起こると言われています。

 

白斑って怖い病気!?

皮膚の白斑といえば、アメリカの有名な歌手が黒人から白人のようになってしまった皮膚が白くなってしまう病気や、化粧品メーカーで大トラブルとなった美容液問題がありますよね。

でも、この点状爪甲白斑は皮膚疾患の白斑とは違いますので、白いのが広がったりまだらになってしまうことはありませんので安心してください。

 

点状爪甲白斑になる原因って?

爪に白い点があらわれる点状爪甲白斑は、爪の付け根をぶつけたり、強い刺激が起こったときにできやすいといわれています

付け根を傷つけることによって、爪の層に空気が入ってしまうことでできることが多いともいわれいますよ。

 

病気の可能性はあるの??

病気の可能性がまったくないとも言い切れないのがこの点状爪甲白斑なのです。

ここからは病気の可能性も含めてお話しますね。

片手に1つ2つあるくらいなら放置しても大丈夫!

爪母の近くにあらわれることが多い点状爪甲白斑ですが、片手に1から2つくらいなら特に気にしなくても大丈夫です!

爪が伸びることによって、爪先へと移動しそのうちなくなってしまうことが多いです。

若い10代から30代くらいに多いとも言われています!

遺伝で点状爪甲白斑があらわれることも

家族に点状爪甲白斑の方がいる場合、遺伝によって同じように点状爪甲白斑があらわれることもあります。

点状爪甲白斑を見つけた際は、家族に同じような人がいないかチェックしてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

白い点ではなく横線になってしまった場合

この場合は一度病院で診察を受けることをお勧めします。

特に、爪の横に線が入り爪がボコボになってしまったときには早急に病院へ行ってください。

「線状爪甲白斑」

の可能性があります。

線状爪甲白斑は

  • 心筋梗塞の可能性
  • 腎不全の可能性
  • 鉛やヒ素などの中毒
  • 肺炎や麻疹などの感染症
  • 乾癬や円形脱毛症などの皮膚疾患

があります。

ほっといてしまうと死にかかわることもあるので、急いで病院へ行ってくださいね。

 

点状爪甲白斑にならないためには?予防や対策方法はあるの?

しっかりとした栄養補給が大切

爪に白い点ができたなぁ~と思った時期の食生活を見直してみてください。

栄養に偏った食生活をしていませんか?

点状爪甲白斑は、カルシウムや亜鉛不足によって起こることもあると言われています。

積極的にカルシウムや亜鉛を摂取するように心がけてくださいね!

運動不足やストレス発散も大切

爪にとって運動不足やストレスは天敵と言われています。

暖かい日には体を動かしたり、ストレスをあまりためないように心がけてください。

 

【まとめ】定期的に爪のチェックをすることが必要

今回は「爪に白い点ができる原因と対処法 | 病気や栄養不足のサインなの?」をテーマに、線状爪甲白斑についてお送りしました。

爪はいろんな病気のサインが出るところと言われいます。

常日頃定期的に爪をチェックし、健康状態に気を配ることも大事なことですよね。

少しでも健康で長く生きるように、体の健康チェックはもちろん爪のチェックも忘れないように心がけてくださいね!(爪の表面の凸凹が気になる方は「凸凹の爪が生える原因と対処法 | 手足のボコボコ爪は病気の前兆サインである可能性も!」の記事もチェック!)

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★