【子どもに起こる発作の種類と原因】てんかんとの違いや痙攣発作はなぜ起こる?

子どもというのは基本的に体は元気ですが、その一方で成長途中であるために不安定な状態が続くデリケートな時期でもあります。そのため、『発作』を起こすこともあります。いつもは元気な我が子が急に発作を起こしたら、パパ・ママたちは不安になりますしパニックになるかもしれません。

そのような時に冷静に対処するためにも、今回は、子どもに起こりやすい発作の種類とその原因について、また『てんかん』との違いも合わせてご紹介します。

発作とは?何が原因で起こるの?

『発作』とは、脳や脳のある部分の神経細胞において、異常かつ無秩序な放電が生じることで起きまする症状のことを指します。この異常放電によって、意識レベルが急に変化したり、けいれんが起こったりします。

どのような発作が起きるかは、脳のどの部分で異常放電(興奮)が生じるかによります。

 

子どもによく起きる発作の種類

子どもによく見られる発作にはいくつか種類があります。順番に見ていきましょう。

脱力発作の原因と症状

一時的に筋肉の緊張と意識が完全に失われる発作です。崩れ落ちるように倒れるため、けがを負うこともあります。原因疾患として考えられるのは、『ナルコレプシー』と『てんかん』ですが、どちらも家庭でははっきりと判断をつけることができません。このような症状がお子さんに見られる場合は、早めに病院へ行って検査を受けるようにしましょう。

『脱力発作』については、「急に力が入らなくなる「脱力発作」の原因と対処法!子どもや乳児に起こった時は冷静に!」という記事でもご紹介していますので、そちらも合わせて参照して見て下さい。

熱性けいれんの原因と症状

熱性けいれんは、乳幼児・小児(6歳ごろまで)が、感染症を伴って体温が急激に上昇することによって大脳がけいれんを起こしやすい状態になり、起こります。

身体を硬くして手足がガタガタ震え、白目をむき、呼びかけに反応しなかったりもするので、親御さんたちは初めてそのような状況を見るとパニックになる人も多いようです。

しかし、この時期の子どもの数%に起きる症状ですから、珍しいものではありません。また、後遺症が残ったり、死亡してしまったりすることはほとんどありません。

初めてけいれんを起こした場合や、5分以上けいれんが続く場合は、すぐに病院へ連れていってあげて下さい。

息止め発作の原因と症状

乳幼児によく見られる発作です。

激しく泣いている乳幼児が急に呼吸を止めて意識がなくなり、チアノーゼを呈し全身を硬直させて首や背中を反り返らせる、といった状態が息止め発作です。

数秒で呼吸も皮膚の色も元に戻ることがほとんどなので、冷静に見守ることが大切です。

【チアノーゼ:体内の酸素が不足して皮膚や粘膜が青紫色になること】

スポンサーリンク

ところで『けいれん発作』って何?

『けいれん』とは、筋肉が周期的に収縮することを言います。『けいれん発作』は、これが突発的に生じる発作です。

新生児が、無意識のうちに唇を噛んだり、左右の目が別々の方向を見ていたり、体がだらんとしていたりするのもけいれん発作です。上で紹介した脱力発作は、けいれん発作の一部と言えます。

 

『てんかん』とそれ以外の発作の違い

『てんかんは』、てんかん発作を起こす脳の病気です。ここまでは普通の発作との違いは変わりません。しかし、てんかんの場合は、慢性的に発作が繰り返されるというのが大きな違いです。てんかんが発病する原因は様々ですが、その原因によって大きく2つに分けられます。

1つ目は『特発性てんかん』です。これは、検査をしても異常がみつからず、原因不明とされる場合です。てんかんのほとんどは遺伝性ではないと考えられていますが、特発性てんかんの一部には、その可能性が指摘されています。

2つ目は『症候性てんかん』です。この場合は、低酸素や脳炎、髄膜炎などによって脳に何らかの障害が起きたり、脳出血や脳梗塞などで脳の一部に傷がつくことで起こるてんかんです。

 

正しい知識で冷静な対処を

我が子が急にけいれんを起こしたら・・・そう考えると非常に不安になりますよね。

しかし、多くの発作は冷静に対処を行えば、すぐに治まるものです。

正しい知識を持って、パニックにならずに冷静に子どもたちを見守ってあげて下さい。

ただし、これは変だと感じたら迷わずに救急車を呼んだり、近くの病院に連れていくようにしてあげて下さいね。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★