5月人形の意味と選び方!人気戦国武将の種類や出身地で選ぶ!

ずいぶんと新緑がまぶしくなってきましたね。5月人形を飾る時期が近づいています。様々な人形の種類があり、意味や願いが古来より込められていますが、人気戦国武将の兜・出身地・活躍や人柄とともに、ご紹介したいと思います!

かぶと豆知識つきです☆

(画像引用元:http://ecx.images-amazon.com/)

子どもの日・「端午の節句」について

現在は子どもの日、として祝われている「端午の節句」は元々は五節句の一つ。

「端」ははじめ、を意味するので、端午は5月の初午をさすのです。

「午」の音が「五」に似ている…と奈良時代から5/5に祝っています!

江戸時代に権力が貴族から武家へ移行すると、

「尚武(しょうぶ)の節句」として盛んに。家督を継ぐ男子が生まれると、

無事に成長すること・一族の繁栄を願った重要行事となっていました。

当時、身体安全祈願に神社へお参りする際に鎧兜を奉納するしきたりがあり、

現在も鎧かぶとを飾るのは、ここに由来しています。

鎧兜は戦いの具ではなく、身を守る大切な装備・自分の信条を示すもの、

という点に注目し、交通安全・病気から子供を守るという願いを込めます。

菖蒲湯、があるのも納得ですね…。

 

5月人形の意味と種類

*意味*

人形や飾りのいわれにあやかりながら、健やかな子どもの成長を祈ります。

*種類*

☆戸外飾り☆

鯉のぼり⇒江戸時代に生まれた飾り。

鯉は清流だけでなく池・沼など様々な環境で生息できる強い生命力を持つ魚。

中国の伝説の、鯉が急流を遡り竜門という滝を昇り詰め竜となり天に登った、

にちなみ、過酷な状況も乗り越え、立派な人となるようにとの立身出世を願う。

(この伝説は「登竜門」の由来、と言われています)

☆室内飾り☆

関東周辺鍾馗(しょうき)がよくみられる。関西にはあまり見られないそう。

名古屋周辺:鎧兜の代わりに子ども大将(かぶと姿)を中心に飾る

関西周辺陣屋提灯を必ず飾る

img_1

引用元:http://blogs.c.yimg.jp/

鍾馗⇒魔除け。中国の伝説上の人物で5月人形とともに飾られることが多いです。

いかつくて、ちょっとすごみがありますね…(^^;ありがたい存在なのです。

*兜細部の名称*

meishou meishou2

引用元:http://www.formalguide.net/

①鉢⇒頭を覆い守る

②前立て⇒武将の象徴的装飾を施す部分。真田の六文銭、など…

③吹き返し⇒本来は「矢を吹き返し刀から顔を守る」装備。細工が光る部分。

④忍緒(しのびお)⇒かぶとを被る際に結んでいた紐

⑤綴(しころ)⇒かぶとの下を裾まで覆う部分。戦国の世では丈夫な革を使用。

現在は正絹を使用することが大半になりました。

部位の名称を知っておくのも、豆知識です(^^♪

 

選び方

子どもの周囲の大人誰もが健やかな成長を願うもの…。

鎧兜や鯉のぼりの購入を考えたら、まず双方のご両親にもご相談を。

もしかしたら何かお考えがあるかもしれません。

無用なトラブルを回避できるなら、それが一番!

大人みんなで見守りたいですよね。

実際に選ぶ際には「正絹」等にこだわらず、(目がいってしまうのですが(;・∀・))

その飾りにいかに手をかけられているか

で選ぶとよいようです。

大切に作られた作品に、買った方の願いも込められ逸品となりますね。

またプラスチックケース入りや、オルゴール付きといった新しいタイプの

鎧飾りも人気が出ています。

 

戦国武将シリーズ

真田幸村

070940-top

引用元:http://kakaku.com/

大河ドラマでも話題の真田幸村信州の武将

前立ての六文銭だけでなく、真田家かぶとに欠かせない大きな鹿の角が象徴的です。

慎重な策士であり、周囲の人々を統率する腕力にも秀でていました。

また、徳川家康をも窮地にまで追い詰めましたが、志半ばで散りました。

人を惹きつける周囲の助けを得ながら慎重かつ冷静に

先を見極めていく、ゆるぎない信念のもとに突き進むところに人気を集めます。

スポンサーリンク

伊達政宗

pic_detail

引用元:http://gogatsu.hara-koushu.com/

ゆるぎない人気を誇る、伊達政宗です。東北の武将

細く切れ上がった下弦の月のような前立ては、あまりにも有名。

幼少時に片目を失明しますが、「独眼竜」の異名をとる勝ち星を重ね、

戦場に真っ赤な衣装で臨む粋さも併せ持つ人でした。

この武将も大河ドラマにもなりましたね。

粋で向上心を高く持ち、「伊達男」の語源にもなった人。

天下統一をひたすらに目指しますが、遂に叶いませんでした…。

自分を持ち目標に向かってひたすら突き進む

ようにとの願いを込めることが多いかぶとです。

 

徳川家康

k126_list_a

徳川家康も、家紋とともに見覚えのあるかぶとでしょう。

ケースタイプをご紹介します。

シダの前立ては、子孫繁栄の象徴と言われます。

幼少のころから待つ、耐え忍ぶことを経験し心得ていった人物。

家臣の裏切りに遭う、死を覚悟するほどに敵に追いつめられるなど、

幾度も窮地をくぐりぬけたのち、天下泰平な世の中にする仕組みを

創り上げて亡くなりました。

信頼する家臣を身近に、そうでない外様は遠くに配して警戒を怠らない

用心深さもありました。

この後江戸時代は長く戦のない時が続きましたね。

 

上杉謙信

main

ダントツに人気の高いかぶとの武将、上杉謙信越後の武将

日輪に三日月の前立てが象徴的!!!

戦国時代、最強の武将との誉れ高く「毘沙門天の化身」とも称されました。

また、「義」を重んじる人物としても知られる武将。

戦の手法として塩の輸送を禁じる命が下された際に、

「それでは敵方の庶民が窮する」と塩の輸送を推奨したことが、

「敵に塩を送る」の語源になったほどの人物です。

芯を持ち、周囲に左右されずに正しく行動できる

ようになってほしいとの願いが込められます。

 

直江兼次

k14_p01

引用元:http://item.rakuten.co.jp/

大河ドラマで有名になった「愛」の前立ての直江兼次、

軍神、「愛染明王」を由来とする、「愛」に瑞雲を配した前立て。

徳川家康にも戦いを挑む武将の側面を持ちつつ、詩歌や読書を好んだ人です。

愛を胸に物事に挑んでほしい、愛を大切に、との願いを込められています。

 

まだまだご紹介しきれない人気戦国武将のかぶとがあります。

 

>>>めちゃくちゃかっこいい!高級甲冑や鎧兜で有名武将に!

 

>>>五月人形の売れ筋ランキング

 

こんな人になってほしい…という願いを込めながら選ぶのも楽しく、

また大切な時間ですね(^^♪

よい一品に出逢えますように…。

 

スポンサーリンク

 

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です