ゆで卵/半熟卵の日持ちは冷蔵庫で何日?長持ちレシピは〇〇!

ゆでたまごや半熟卵っておいしいですよね!!

また、子供も大人も大好きなメニューの1つでもあるかと思います。

おいしいけど・・・実際「ゆで卵」や「半熟卵」って冷蔵庫で保存するとどのくらい

日持ちするものなのでしょうか?

 

また、前日に作った「ゆで卵」「半熟卵」を翌日のお弁当に入れても

大丈夫なのかちょっと疑問わきますよね><

 

そこで、今回この記事では「ゆで卵と半熟卵の日持ちは冷蔵庫で何日?長持ちレシピは?」についてご紹介します!!

「ゆで卵好きだけど日持ちがわからずちょっと心配・・・・。」

「長持ちするレシピってないの??」

そんな疑問を持っている方にオススメな内容になってますので

最後まで見ていってください!!

半熟ゆで卵・ゆで卵を常温・冷蔵・冷凍・味付けした場合それぞれの日持ちの目安は??

E38286E381A7E3819FE3818BEFBFA5E381BE

(引用元:http://taspy.jp/)

 

実は半熟卵にしても、普通のゆで卵にしても基本的に

日持ちはさほど変わりません!

固ゆで卵のほうが一日くらい長いくらいになります。

 

また、半熟卵はお弁当に入れるとおなかを壊してしまう可能性もありますので

半熟はすぐ食べるとき(自宅のみ)にしましょう!!

 

1.常温での保存の場合

ゆで卵は、殻を剥いた状態よりも、殻をつけたまま(ヒビが入った状態のものはだめ!!)のほうが

保存に効果があります。

 

ゆで卵を常温で保管したい場合は

冬に限定と考えていただければいいかなと思います。

というのも、どんなに殻を剥いていなくても

菌が繁殖しやすくなっています。

(夏場は12時間も持ちません!)

 

ちなみに食中毒などの菌は37℃~40℃がもっとも増殖しやすいといわれており

20℃でも活発に活動をし、0℃~10℃で増殖しにくくなりますので、

常温保存するのであれば冬のみで、殻のついた状態で

また、陽のあたらないところに限ります!

 

常温保存をして食中毒などのリスクを抱えるよりも

冷蔵保存することが大事ということが分かるかと思います!!

 

これらのことを踏まえて常温保存の場合の

日持ちは12時間(夏)~3日以内(冬)

になります。

なお、常温での半熟ゆで卵の保存は冬でもオススメしません!!

 

2.冷蔵庫での保存の場合

殻を剥かないでそのまま、冷蔵保存するほうが

殻を剥いて保存するよりも長く持ちます。

 

冷蔵を保存した場合の大体の目安は・・・

殻付き・・・3日以内

ヒビが入った状態で・・・2日以内

殻を剥いた状態で・・・半日から一日以内。

半熟で・・・作った日~翌日以内。

になっています。

 

尚、冷蔵庫で保管するときは

ジップロックなどのストックバッグに入れて

日付や作った時間を書いて保存しておくと分からなくならないので便利ですよ!!

 

3.冷凍庫での保存の場合

ゆで卵をそのまま(殻ついていてもいなくても)冷凍すると

白身がスカスカになりおいしくありません><

なので、ゆで卵を保存するときはちょっと手を加えて

”フィリング状”にし保存します。

 

このフィリング状ってどういう風に作るのかというと・・・

1.殻を剥いたゆで卵(ゆで卵の簡単殻剥きはこちらを参考にしてください!!)をボールなどの器に入れて

フォークでつぶして卵を細かくします。

2. ある程度細かくなったら、マヨネーズを加えて混ぜます。

3.これを、タッパーやフリーザーバックに入れて冷凍庫に保管します。

 

このような方法で冷凍します。

ラップで小分けに包んでフリーザーパックにいれて保管すると

使うとき便利ですよ!!

(食べるときは、自然解凍もしくは電子レンジで解凍しましょう!!)

 

ちなみに冷凍保存の日持ちはだいたい1ヶ月程度です。

なので、作りすぎたときこの方法で保管しとくとムダにならずにすみます!!

 

尚、この方法は半熟卵にはちょっとむかない方法なので

ご注意を!!

 

4.味付けして保存した場合

半熟ゆで卵やゆで卵をそのまま冷蔵保管すると1日~3日程度しか持ちませんが

ここで、めんつゆや酢、ポン酢などで味付けすると

日持ちの期間が長くなります。

詳しいレシピは後ほどご紹介しますね♪

 

お好みの調味料とゆで卵をジップロック

のなかに入れて漬けることによって冷蔵庫でそのまま保存するよりも

長持ちします。

 

ちなみに具体的な日持ちの日数は

7日~10日以内になっていますので、冷凍する時間が無いときにこの方法を

試してみるといいですよ!!

 

以上がそれぞれの日持ちのデーターになります。

やはり一番冷凍ですね!!

でも、ゆで卵そのままが好きという人にはちょっとむかない方法ですので

そのときは味付けにするか、そのまま冷蔵庫に保管するしか方法はないかなと思います。

ご自分のお好みで保管スタイルを決めてくださいね!!

【ゆで卵のからむき】簡単な殻のむき方と剥きやすいゆで卵の作り方とは?

 生よりもゆで卵のほうが腐りやすい!!

a7e12ff1c20c4d1b53c7377db9ecd773

(引用元:http://macaro-ni.jp/)

実は生卵のほうが、ゆでたまごより日持ちがするそうなんですよ!!

ゆで卵の期限はだいたい冷蔵で3日ですが

生卵は最長で2ヶ月くらいの期間があります。(生で食べる場合は購入してから2週間以内)

上の期限からみて、生卵よりゆで卵のほうが

傷むのが早いということが分かるかと思います。

 

でも、同じ卵でしかも加熱しているのになんで?って思いますよね。

実はこんな理由があるのです!!

生卵にはリゾチームという酵素が含まれています。

実はこの酵素には殺菌作用があり、人に有害な菌を分解し

繁殖を防いでくれる働きがあります。

しかし、この酵素加熱に弱いので、ゆで卵などで卵を加熱してしまうと

酵素がなくなってしまい卵の菌への抵抗力が無くなり傷みやすくなるからなんです。

また、先ほど”殻を剥かないほうが長持ちする”とご紹介しました。

実は卵の殻には殺菌成分があるのが理由になってます!

この殻が、サルモネラ菌から卵を守っているのです!

なので、卵を保管するときは殻のまま保管するといいのですね!!

スポンサーリンク

ゆで卵長持ちレシピ2選!!-半熟ゆで卵で作ってもOK!!-

0000000116_0000005434

(引用元:http://www.city.ibara.okayama.jp/)

では、ゆで卵が長持ちするレシピをご紹介します!!

基本的には2つともあまり変わりはありませんが味が若干違いますので

お好みのほうをお選びください!!

<長持ち保存の半熟煮卵>

yjimage

(引用元:http://itokoroku.blog.fc2.com/)

☆材料☆

卵・・・6個

・塩・・・少々

・酒・・・200ml

・醤油・・・100ml

・砂糖・・・大さじ2

・オイスターソース・・・大匙2

・ナンプラー・・・大さじ1

 

作り方☆

1:おなべに、卵と水(卵がかぶるくらいの)と塩をいれて火にかけます。

中火で11分茹でたら水で冷して殻をむきます!

 

2:別なお鍋に酒・醤油・砂糖・オイスターソース・ナンプラーを入れて、

火にかけて沸騰させます。

 

3:沸騰したら、卵を入れて2分ほど煮たら、火を止めて

煮汁ごと容器に入れたら完成!!

 

☆ポイント☆

  • ナンプラーが無い場合は醤油を多めにするか、薄口醤油を使うといいですよ!!
  • ゆで卵すでにある場合は2の手順からスタートして下さい!!

 

<めんつゆで簡単煮玉子>

34166eb223e9b04d3a2dc6dd4eb1464e

(引用元:http://cookpad.com/)

☆材料☆

・玉子もしくはゆで卵・・・4つ

・めんつゆ(2倍希釈)・・・100ml

・水・・・100ml

・砂糖・・・大さじ1

・酢・・・大さじ1

・輪切り唐辛子・・・少々

 

☆作り方☆

1:お鍋に、めんつゆ・水・砂糖・酢・輪切り唐辛子をひと煮立ちさせて

 冷ましておきます。

2:ゆで卵をつくり、殻を剥きます。

3:1がさめたら、フリーザーバックに1を入れて、そこに

 ゆで卵を入れます。

4.一晩そのまま冷蔵庫で保管したら出来上がり!!

 

<ポイント>

  • めんつゆはストレートでも3倍希釈でもOK。めんつゆ+水があわせて200mlになるように調整してくださいね!
  • ゆで卵がある場合は、2を省きます。
  • 辛いのが苦手な方は唐辛子を入れなくても大丈夫ですよ!!
  • 酢を使うことで冷蔵庫で保管しても1週間持ちます!!

以上が長持ちレシピになります!!

基本的に両方共作り方はあまり変わりません!!

なので、家にある材料で作れるほうを作ってみて下さい!

他にも、しょうゆ+だしやポン酢+だしなど味の組合せは

いろいろありますのでご自分のオリジナルを見つけてみてください!!

 

☆まとめ☆

いかがでしたか?

今回は「ゆで卵の日持ちはどのくらい?」をご紹介しました!!

 

ゆで卵は生卵より傷みやすいのにはちょっと驚きました!!

ゆでたまご食べるのであれば早めに食べることは以下に大事か分かっていただけたと思います!!

この記事が皆様のお役に立つとうれしく思います!!

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です