子供の血液型検査の費用はいくら?時期はいつ頃?血液型が変わるって本当なの?

自分の血液型をはっきり言える型はどれくらいいらっしゃいますか?実は、血液型を調べることは特に義務付けられていないため、これまで大きな病気や手術を経験したことのない方はもしかすると自分の血液型を知らないという方も少なからずいらっしゃいます。

血液型を調べるには病院などの医療機関で血液検査(血液の抗原検査)をしてもらうことで知ることができますが、この検査を一般の人が受けるには保険適用外となってしまいます。特に血液型の判定が必要な場面は輸血が必要な時なので、日常生活を送る分には別に知らなくても差し支えないという理由もあり検査しなかったご家庭もあるはずです。

では、子供の血液型を調べるにはどこでどのような検査を受ければよいのでしょうか?また、検査に必要な費用や料金、大人と子供の違い、適切な検査時期などもご紹介しますので自分の血液型が分からないという大人の方も一緒にチェックしてみましょう!

血液型検査を受ける時期はいつ頃?

「子供の血液型は途中で変わる」と聞いたことはありませんか?生後間もない赤ちゃんの場合はお母さんの血も混じっていたり、血液型を判定するための抗原の成長が未熟なため確定的な判定ができないことがあります。正しい血液型を判定するには1歳以降の適当な時期に検査すると良いでしょう。書籍や情報元によってこの検査時期の推奨年齢はやや異なる(4歳以降など)ため、詳しくはお近くの医療機関に検査を受けれるかどうか直接伺ってみるのが確実です。

 

血液型検査の費用・料金はいくら?大人と子供の違いは?

血液型検査は各医療機関で検査することができますが、前述した通り検査費用は全額自己負担となることを覚えておきましょう。各保険組合などから補助金が出る場合もあるようですのであらかじめ問い合わせしてみると良いかもしれません。では、実際の料金はいくらかというと下記のように医療機関によって設定されている金額にはばらつきがあります。

  • Aクリニック:1600円+税
  • B病院:2200円
  • C医院:2000円
  • Dクリニック:1080円

検査代は施設によって若干のばらつきはあるものの全額自己負担といっても以外と手軽に検査ができる価格設定なのでなないでしょうか?これくらいの金額であれば気軽に検査が受けれそうですね。また、料金はすべて一律なので大人も子供も検査費用は同じです。

スポンサーリンク

検査前に確認すべきこと

  • 予約が必要かどうか
  • 検査料金
  • 検査内容(ABO・Rh)
  • 検査できる年齢 など

事前にお近くで血液型検査ができるクリニックや医院の施設情報はチェックしておきましょう。特に予約が必要がどうかはチェックしておくべきです。また、検査内容にABO血液型とRh血液型検査がセットになっている場合と特に記載がない場合もあるので両方知りたい方は直接聞いておくことをお忘れなく。

 

ABO血液がとRh血液型について

参考記事:「【表付】ABO式血液型の調べ方!遺伝する組み合わせ・割合・予測する方法を簡単解説!」

参考記事:「血液型のRh(+)とRh(-)の意味と違いとは?調べ方や検査方法マイナス効果について教えて!」

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★