目の周りが黒い原因と病気とは?目下のクマのスッキリ解消法6選!

みなさんは、鏡で自分の顔を見て「この目の下のクマひどいな~。なかなか消えないし…。はぁ。」と、ため息を吐いませんか?筆者の場合はクマ以外の部分でもため息が出ることがありますが、若い時に比べると目の周りの黒クマの治りが遅くなったと感じています。

「もう年かな~。いや、まだイケる!クマなんて消える!」

そんな葛藤が何年も続き、わたくしのクマはいまだに消える気配すらありません。

目の周りが黒ずむ原因について調査してみると、病気のサインとしてクマができる場合もあり案外放っておくのは危険なのです!そこで今回は、目の周りにクマが出来る原因や、病気の可能性の有無などについてまとめました。消えないクマでお悩みのあなたに、ぜひ読んで頂きたい内容です。

記事の内容

◇クマが消えないのはなぜ?クマの色に要注意!

初めに、ちょっと質問させて下さい。

あなたのクマの色って何色ですか病気かどうかを見分けるポイントは、ズバリなんです

赤(赤紫)のクマの原因

赤クマの主な原因は、血行不良

テレビ・スマホ・パソコン・読書・勉強。人々の日々の生活には、目を使う作業がいっぱい。お仕事でパソコンに向かって、かれこれ8時間カタカタ、スマホゲームが大好きで、夜、眠る前にちょっとのつもりが止まらないツムツム。現代人のあるあるですね。ドキッとしたかた、いませんか?

しかもパソコンやスマホをしているときって、姿勢が悪いんですよね!それが血行不良をさらに悪化させているんです。悪い姿勢で休憩も取らずに目を酷使していたら、だんだん目がシバシバ肩もコリコリ。そして目の下に赤クマが表われて、目の疲労血行不良を訴えるのです。適度に休憩を取るように心がけましょう。

赤クマは、クマの中でも症状は軽いほうなのですが、目に良くない生活を改善せずに放っておくと、症状が進行して青クマ黒クマになってしまうこともあるので、赤クマが出てきたら要注意ですよ!

青(青紫)クマの原因

青クマの原因は、日々のストレスや、目を酷使することによって起こる血行不良赤クマのできる原因と一緒ですね。ただし青クマは、赤クマよりも進行した状態です。

目の周りの皮膚は薄くその厚みは1mm以下(おおよそ)のため、皮膚の下を通る血管が透けて見えることがあります。ストレスや疲労で血の巡りが悪くなっていると、やがて血液は黒ずんで、赤黒くなります。そして、目の周りで停滞した赤黒い血液が、肌の上から見ると青紫のクマのように見えてしまうわけです。

色白のかたに青クマが多いとされているのは、色白だから青クマが出来ているのではなく、色白ゆえに色素が薄く血液や血管が透けやすく目立ちやすいからというわけですね。

ちなみに、冷え性のかたは、になるとこの青クマに悩まされる機会が増えやすいので、冷え性の女性は特にお気を付け下さい。

茶クマの原因

茶クマの原因は、主に化粧品などによる慢性的な色素沈着くすみと考えられています。また、紫外線によるダメージ などの蓄積も要因になります。

前述したように目の周りの皮膚はとっても薄くデリケートな場所ですから、ものすごく優しく扱わないと、皮膚が刺激を感じて茶クマの原因になってしまいます。

お化粧を落とすのを忘れて寝てしまい、落ちたマスカラとアイシャドーで目の周りが真っ黒になっていることに気づいて慌てて洗顔したり。

たっぷりバッチリの濃いメイクを、時間をかけてグリグリゴシゴシこすり落とすなんて生活習慣を続けていると、茶クマシミシワに大化けして、取り返しのつかないことになりますよ。毎日のケアは、しっかり丁寧に。そして、ふんわり優しく行うようにしましょう

黒いクマの原因

黒クマは、加齢に伴う下まぶたのたるみが原因で起こることもあります。下まぶたのたるみによって生じた凹凸による陰影です。要するに、皮膚のたるみや脂肪の凹凸で影ができ、一歩退いて見た時にそれがまるで黒いクマのように見えてしまう、別名、影クマとも呼ばれています。

黒クマは年齢などは関係なく、たとえ若い人でも、生まれつきの骨格や脂肪の量、はたまた涙袋の膨らみ具合などでも目元に影が生じてしまい、黒クマに見えてしまうことがあります。

筆者の場合はコレですかね。おそらく加齢のたるみが原因です。けっこう気を使ってたつもりでも、日中のお化粧を、夜お風呂でオフにしたときの、あの絶望感と言ったらとても言葉にできません。

スポンサーリンク

◇実はその目の周りのクマの原因は病気かもしれません!

pannda kawaisou

ところで、気になるのはクマが何かの病気の症状であったり、病気の前兆やサインである場合ですよね。実際のところクマが病気の症状として出てくることがあるのかについてこちらでまとめていきますね。

さて、クマが出る病気って、どんなものがあるのでしょう?

「クマが出来ちゃった…。そういえば食欲ないな…、耳鳴りもするし…。」

「クマが表われたあたりから、イライラしたり、指が震えたり、変なのよね~。」

「オシッコの色が変だぞ?そういや、このクマが出てきた頃から、体調がおかしいんだよな…。」

といった症状に心当たりのある方は少し注意が必要です。あなたの不安がこれ以上膨らまないように、早速その原因となる病気についてチェックしていきましょう!

低血圧

まず血圧とは、血液が血管内を通過する際に、血管の壁を押す力のことを指します。この力が標準より弱い人は、低血圧の状態ということです。

血液の、血管を押す力(血液の勢い)が弱い 血圧が低い

ということは体全体の血液量が乏しい・行きわたり辛い状態 なんですね。

低血圧の主な症状

  • めまい
  • だるい
  • 立ちくらみ
  • 動悸・息切れ
  • 冷え性
  • 朝スッキリ起きられない など

低血圧血行不良を引き起こし、結果として目の周りのクマの原因になります。

貧血(鉄欠乏性貧血)

低血圧貧血って、同じじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。貧血は、めまい立ちくらみなど、低血圧と同じような症状が見られますが、似ているように見えて、実は全くの別物 なのです

体中を流れる血液。その血液の中では、白血球赤血球などの血液細胞が働いています。赤血球 は、肺から酸素をもらい、体中に送り届ける仕事をしていますが、鉄分が不足しているとその働きが鈍くなってしまいます酸素を運ぶ仕事をする赤血球が鉄分不足で働けなくなった為に、体が酸欠状態になってしまっているということです。

そして、酸欠状態の血液は赤黒く変化し目の下に停滞して、クマを作ってしまいまうというわけですね。

貧血にも様々な種類がありますが、日本人に最も多く見られるのは、鉄欠乏性貧血と言われています。みなさんの体に鉄分は足りていますか?クマができやすい方で、貧血傾向のある方は症状が現れたら、一度病院で診てもらうと安心です。

バセドウ病 (甲状腺機能亢進症)

バセドウ病という病名はあまり聞き慣れない名前ですよね。

バセドウ病は別名、美人病とも言われ、その症状には眼球突出体重減少などがあります。この眼球突出という特徴症状が起きることによって目の下に影が生じまるでクマのように見えてしまうこともあります。

バセドウ病は20~30代の女性に特に多いのも特徴です。

kouzyousenn人間の喉の中には、甲状腺 という器官があり、その形が「甲」の字に似ている事から、甲状腺という名前になったと言われています。

この甲状腺からは、甲状腺ホルモンが生産・分泌されます。甲状腺ホルモンは新陳代謝を促進させ体を活発にさせるんですが、バセドウ病にかかると甲状腺ホルモンが異常に生産され続ける事になります

その必要以上に生産された甲状腺ホルモンは、体を必要以上に活発にさせ結果として体を疲労させてしまうのです

例えるなら、座っていても寝ていてもずっとジョギングしているような状態と言えます

バセドウ病の症状

バセドウ病の症状は上記の症状(眼球突出体重減少)だけではありません。

  • 疲労感
  • 汗かき
  • 脈が速い
  • 動悸・息切れ
  • 甲状腺の肥大
  • 集中力の低下
  • 手足・指の震え
  • 眠れない
  • イライラ

などといった症状も表われます。症状に心当たりのあるかたは、一度病院を受診すると良いでしょう。

肝臓病 (肝臓疾患)

肝臓の機能は、みなさんご存知でしたか?肝臓はとても働き者なんです!

まず解毒作用。老廃物や毒素を取り除き、排出し、血液環境をキレイに保つ役割があります。それから、摂取した食べ物の脂肪を消化・分解・吸収しやすくする役割。そして、栄養素を、体が吸収しやすい物質に変化させ、出動要請があるまで貯めておく役割。

以上の3つの役割を、肝臓が1つで担っています。見えないところで体の新陳代謝を助けている、まさに縁の下の力持ちです。

ですが、その肝臓の機能が弱っていると、血液中の老廃物や毒素は浄化されずドロドロの汚い血液になってしまいます。慢性化すると 肝臓疾患 を引き起こします。

そして、肝臓疾患によって血行不良が引き起こされ、皮膚の薄い目の下にはクマが出現するというものすごい悪循環です。

肝機能低下を招く6つの原因

  • タバコのすい過ぎ
  • お酒の飲み過ぎ
  • 甘い物の摂り過ぎ
  • 炭水化物の摂り過ぎ
  • 肉食ばかりの食事
  • ストレスのため過ぎ

こうやって1つ1つの原因を見てみると、主に偏った食生活が肝機能を低下させるという事がお分かりになりますよね。あなたの目の下のクマ肝臓さんの悲鳴 であることもあります。ご自分の生活スタイルを見直す良い機会だと思って、日々の食生活を改善されてみると良いでしょう。

【関連記事】:「白目が黄色い原因は肝臓の病気だけじゃない!黄ばむ理由と対処法について」

腎臓病 (腎臓疾患)

腎臓は、肝臓と同様、毒素を排出する為に必要な器官です。血液中の老廃物毒素をろ過し必要な物は血液中に戻したり不要になった物だけオシッコとして排出したり…と日夜働いています。

また、人が摂取した水分少なかったり多かったりすると、腎臓がそれを調整して体に必要な分だけを残し不必要な分は排出するなどの措置を行います。

つまり、体内の水分量を良好に保ってくれているんですね。

それから、骨髄に対し、赤血球を生産するように促すホルモンを分泌します。先の項目でも記述したように、酸素を運ぶ働きをしている赤血球が(鉄不足などで)少なくなる酸欠状態におちいり貧血を起こしやすくなります。腎臓が機能しないと、大変な事になってしまいます。腎臓は大切な器官なのです。

その他にも、

  • 血圧を調整する大事なホルモンを分泌してくれます。
  • 骨の強化に必要なカルシウム。そのカルシウムに必要なビタミンDを活性型に変化させ、吸収しやすくなるように手助けしています。

腎機能低下を招く7つの原因

  • お酒の飲み過ぎ
  • 水分の摂り過ぎ
  • 塩分の摂り過ぎ
  • 甘い物の摂り過ぎ
  • 炭水化物の摂り過ぎ
  • 肉食ばかりの食事
  • 運動不足

やはり何でもやり過ぎはダメですね。腎臓疾患 がある場合、何かしらのサインが現れる事があります。もうお分かりだと思いますが、クマです。先ほど述べたように、腎機能が低下していると赤血球の働きが弱く酸欠状態に(貧血の項目を参照)なります。酸欠状態の血液は赤黒くなり、したがって目の下にクマが出来る。

そして、多いのが 尿の異常尿が濁った色をしていたり血液が混じっていたら腎臓他の器官に異常がある証拠です。一度でも血尿が出たら、必ず病院で検査しましょう!

スポンサーリンク

うつ病

年々増加傾向にあるうつ。うつ病はどうして起こるのでしょうか?

人は、強いストレスを感じると自律神経が乱れます。それが悪化すると、自律神経失調症 を発症し、さらには うつを患う事態にまで進行する可能性があるのです

「学校の友達付き合いが上手くいかない」

「職場でパワハラ、セクハラを受けている」

など、人によってストレスは様々。ストレスフリーに生活できていたら、こんな病気にかかる事もなかったでしょう。うつ病を患った人の特徴として、顔色が青白くなる事が挙げられます

なぜ青白くなるのか?

それは、自律神経と深い関わりがあるのです。自律神経は、体の主要器官(血圧・ホルモン・各臓器など)を調整する働きがあるので、それが乱れてしまった事で血行不良が起き青白くなってしまうのです。また、外出が減った(日光を浴びない)など閉じこもってしまうのも青白くなる原因です。上記の事柄が重なって、クマを作りあげてしまうんです心と体 は つながっているって本当なんですね…。

クマと併せて、下記のような症状が現れたかたは、病院で相談されることを強くオススメします。

  • 耳鳴り
  • めまい
  • 眠れない
  • 食欲がわかない
  • 気分が沈んでいる
  • なんの感情もわかない

どうか1人で悩まないで下さいね。

朝は起きて、夜は眠る。当たり前の事ですが、乱れた自律神経を整える為に重要な事です。もっと周りに甘えて良いんです、ゆっくり治していきましょう。

皮膚炎

無意識に目をかいたり、こすったりしていませんか?

筆者の息子は、以前ひどい アトピー性皮膚炎 でした。顔中が血だらけになるまでかきむしって、顔面を布団にこすりつけたり、三トンを付けた手で目をゴシゴシしたり…。現在はすっかり良くなりましたが、目の周りには薄茶色のクマが残ってしまいました。

  • アトピー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 女性の化粧かぶれ

上記のように、顔面に出来たかゆみを伴う炎症を、かきむしって悪化させてしまう。そして、治った頃にまたかきむしるこする。それを繰り返してしまった場合。その結果、長い間続けられてきた目の周りの皮膚への刺激(かく・こする行為)が色素沈着を起こしクマを作るのです

目の周りは皮膚が薄く、とてもデリケート。これまでの刺激の影響で、バリア機能が弱っている事も考えられますので、日々のケアを忘れずに。

【関連記事】:「外傷後数時間で起きるブラックアイ症状とは?パンダ目の危険性について」

◇目の下のクマさんにサヨナラ!6つのおすすめ解消方法

様々な原因がハッキリと分かったところで、今度は具体的に目の周りのクマを解消できるおすすめの方法をご紹介していきます。お仕事で忙しいあなたにも出来る、簡単な方法を厳選してお届けしますね!

解消法1:「蒸しタオル」

この方法は1番簡単で手軽にできる解消方法です。ただし効果が期待できるのは、血行不良が原因でできる赤ク青クマです。色素沈着の茶クマ・たるみが原因の黒クマには効果がありませんのであしからず。

水で濡らしたタオルをギュッと絞り、レンジで温めササッと取り出し、目の上に乗せるサイズに畳みます。

熱々タオルが、ちょうど良い温度になったら、まぶたを閉じて蒸しタオルをシュワッと乗せて至福の瞬間を堪能しましょう。クマが出来てしまったかたはもちろんのこと。「仕事で目が疲れたな~。」 「ちょっと肩が凝ってきたな~。」と思った方も、ぜひクマ予防に蒸しタオルをお試しください。

ちなみに、薬局では、めぐリズムあずきの力などのホットアイマスクが売られています。使い捨てなので衛生的ですし蒸しタオルより温感が持続しますよ

解消法2:適度な運動・スポーツ

体全体の筋肉量が少ないと、血行不良につながります。

クマは、運動をあまりしなくなった現代人の習慣病なのかもしれません。毎日少しだけでいいので、ストレッチウォーキングジョギングなどの運動を取り入れてみましょう。階段の上り下りでもちょっとした運動になります。

お子さんが居れば、一緒にお散歩中、ちょっと小走りする・追いかけっこ遊びをする。

犬を飼っているかたは、ドッグランや河川敷などへ行き、犬と一緒に走る時間を設ける。

無理に「運動しなくちゃ!」という制約のような運動は、きっと長続きしないと思いますので、ご自分に合った運動方法を見つけるのが1番良いと思いますよ!

ちょっとずつ始めましょう♪

解消法3:サプリメントでクマを撃退!

サプリメントは食事で補えない栄養をプラスしてくれますから、不足している栄養素があるなら有効活用しない手はありません。もちろん、サプリばかりに頼るのはNGなので、食事もキチンと摂りましょうね!それでは、クマの色別に、効果的なサプリメントをご紹介します。

赤クマ青クマ には「カシスサプリメント」「ブルーベリーアイ」「アサイーベリー」

カシスに含有されるカシスアントシアニンが、眼精疲労血行不良による赤クマ青クマに効果あり。CMでおなじみのブルーベリーアイアントシアニンがブルーベリーの5倍あるアサイーベリーも効果が期待できます。

アントシアニンはブルーベリーの約5倍、食物繊維はごぼうの約3倍、ビタミンCはレモンの約3倍、ポリフェノールは赤ワインの約30倍など美容成分がたっぷり含有♪

茶クマ には「 ビタミンC」「ビタミンE」  

くすみ色素沈着で出来てしまった茶クマは、ビタミンC・Eを配合した美白サプリメントが効果的。

黒クマには「アンチエイジング系サプリ」  

加齢によるたるみしわが原因の黒クマ(影クマ)には、お肌のハリをアップさせる効果が高い、アンチエイジング系サプリメントをチョイス♪

30代からの肌の悩み(しみ、くすみ、しわ)などをカラダの内側から高濃度の水素がしっかりケア。加齢による疲れやすさ、むくみ、だるさなど、酸化したカラダをしっかり還元してくれる万能サプリメントとして好評♪

解消法4:栄養たっぷりの食品を摂取しよう!

sarada syokuziクマ解消に効果がある栄養たっぷりな食品を、クマ色別にピックアップしてご紹介します。

赤クマ青クマ … レバー・にんにく&生姜などの香味野菜・海藻類(特に海苔) など

レバー は、言わずもがな鉄分が豊富ですよね。にんにく&生姜などの香味野菜 には、免疫力を高めたり冷えを改善する効果があります。それから、海苔 。意外と知られていませんが、海苔は疲労回復や、貧血の防止に効果的な食品なんですよ。「レバーがちょっと苦手…」というかたは、毎日の食事に、海苔を積極的に取り入れましょう。

茶クマ … パプリカ・れんこん・アサイー・カムカム など

くすみを予防するなら パプリカ(カラーピーマン)。すでに出来てしまった色素沈着にはレンコン!そして最近その名を知らしめたアサイー ポリフェノール鉄分が豊富に含まれているので肌の全体的な美容にも効果が期待できます。それからカムカム 。 こちらもスゴイ。ビタミンがなんとレモンの60倍天然のサプリメントですね~!

黒クマ … ごま・アーモンド・モリンガ・甘酒 など

加齢によるたるみしわ黒クマは、アンチエイジング効果の高い食品がオススメです。

ごま は、古くから日本人に親しまれている食材の1つですね。ビタミンミネラルが豊富に含まれていますが、ちゃんと咀嚼して食べないと、せっかくの栄養素が上手く取り込まれません。すりごまにしてご飯に振りかけるなどして頂きましょう

アーモンド は、ビタミンEが豊富です。美肌の為に、おやつタイムはアーモンドに決定!

モリンガ は、別名“奇跡の樹” “生命の樹”とも呼ばれ、その栄養価の高さから、総合栄養食材と言われています。気になる方はお試しください♪

甘酒 “飲む点滴”と言われるほど栄養価が高い、日本を代表するスーパーフード。季節関係なく楽しめるのも良いですね。

ご紹介してきた食材は、全て体に良いものですが、そればかりを偏って食べたりしないようにしましょうね!バランスよく、色んな食材と併せて、日々の食事に取り入れましょう。

解消法5:眼輪筋のトレーニング

目の周りにある眼輪筋。この眼輪筋の動きの悪さがクマの原因になることもあります。眼輪筋の筋肉量が少ないと目の周りが血行不良になり結果クマが出来てしまう事もあるんです。この場合は、トレーニングして筋肉を動かさない限り治りません。それでは、眼輪筋のトレーニング方法を簡単にご紹介!

  1. 眉間に両手の人差し指を軽くあてます。
  2. 眉間の皮膚を少し引き上げるように、人差し指で押さえる。
  3. 親指で、目じりを軽く押さえる。
  4. 目の下まぶたの筋肉を意識して、力を入れる。プルプルしてきますよ。これを10回。
  5. 次に、目を閉じて、上まぶた下まぶたの筋肉を意識しながら、上まぶたに力を入れます。プルプル…。これを30~40秒。

以上で1セット。これを朝晩行います。継続は力なり。努力した結果は、必ず出ますよ♪

解消法6:長引く場合は病院で検査

検査費用は、安いとは言い難いですよね。だけど、安心を買うと思えば安いものです。特に「肝疾患腎疾患うつ病 かも知れない」というかたは、すぐに病院で詳しく検査を受けましょうね。

「このクマ。それに、この症状…。病気かな~…心配だな~…」と悩んで日々を過ごすより、一度思い切って検査を受け、原因をハッキリ解明されたほうが、精神衛生的にも良いでしょう。「なるほど!原因はコレだったのか」と沈んだ気持ちがスッキリするはずですよ。早期発見が大切です。

 

◇目の周りの黒ずみやクマは軽視せずにしっかりケアしよう!

クマは、いつの時代も女性を悩ませる困ったやつ。あなたの顔からクマが消えて、晴れやかな笑顔が見られたら、わたしは満足です!

こちらの記事がお役に立てることを願って…。それでは、また次回!

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です