健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

ゴーヤの苦味を簡単に取り除く調理方法はある?おすすめレシピは?

最近の投稿

More
ゴーヤの苦味を簡単に取り除く調理方法はある?おすすめレシピは?

ゴーヤというと最近では夏野菜の王様のように言われていますが、どうして夏野菜の王様だといわれているのかご存知でしょうか?

実はゴーヤというのは栄養価が非常に高く、ビタミンCをたっぷりと含んでいるという事もあって、とても人気が高い夏野菜なのです。

でも「ゴーヤは苦みがあって苦手」と考えている方が多いのは事実です。別名ニガウリといわれているゴーヤの苦みを、どうにかする方法をご紹介いたします。

<スポンサードリンク>

ゴーヤの苦みは栄養なのにあの苦みが苦手な方が多い!

1d45341472c9f32934e5fdc9119cdb6b_s

ご存知の方も多いと思いますが、ゴーヤのあの苦みというのは栄養の一つです。チャランチンという栄養素とモモデルシンという栄養素、そしてコロコリン酸という栄養素なのです。

この中で、チャランチンとコロコリン酸というのは、実は植物インスリンと言われているのをご存知でしょうか? インスリンは血糖値が上がると分泌されて、血糖値を正常に保つ物質です。

この働きをしてくれる栄養素なので、普段から血糖値が高いという方にとっては、天然のお薬となっているわけなのです。

でも良薬口に苦しというように、身体に良いものってやはり苦いものなのです……。そこで苦みをできるだけ取り除く調理法で、苦みを調節してしまおうというわけなのです。

 

ゴーヤの苦みを取る一般的な調理方法は『塩』!

294b0e7d37d9526fda9e4ecd8f3b0e0d_s

よくゴーヤの苦みを取るために沖縄の方が行っている調理法が『塩』を使って揉みだしをするという事ですよね。

ゴーヤ1本につき小さじ1の塩を振りかけて、よく塩もみをしてその状態で放置する事10分~15分! 水が出てくるのでそれを絞ってしまえば苦み成分が出ていきます。

実は塩もみをして下処理をすると、ゴーヤの後味の苦みが和らぐので「にがっ!」という感じがしなくなるというわけなのです。

ですが完全に苦みが和らぐという事にはなりません。そこで最近では別の苦みを取る調理方法が注目されているわけですね。

 

ゴーヤの苦みを取る一般的な調理方法『塩と砂糖』!

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s

塩もみをするだけでは後に残る苦みが若干和らぐだけですので、最初っからくる苦みの方も何とかしたい! そんな時には塩と砂糖を両方使って塩砂糖もみをします。

しっかりと塩と砂糖で塩もみをした後は、やはり10分~15分くらいおいておきます。塩もみの場合は流して調理をしましたがこちらは違います。

どうするのかというと、塩もみをした後でそのままお湯で下茹でしてしまうのです。そうすると最初に来る苦みと後で感じる苦みの両方を取り除く事ができるのです。

この方法だとゴーヤの苦みが嫌い! というお子さんでも美味しくゴーヤの栄養を取り入れる事ができるというわけなのです。

スポンサードリンク

ゴーヤは茹でる事をプラスするとさらに苦みが軽減する

cb9ad9c26118442d923f244173a8f5f0_s

調理をする時に下茹でをしないで炒めると、ゴーヤの苦い成分も一緒に調理している事になるので、できれば下茹でをしてお湯は捨ててしまってから調理をするといいですね。

そうすると苦みをさらに軽減させる事ができます。それともう一つ注意したいのは、ゴーヤを切る時の厚みなのです。

ゴーヤの厚みは太くても5mm以内が苦みを軽減させる事ができます。ですが2mm以下になると味や触感が失われてしまうので、薄くても2mm~5mmくらいにカットするといいでしょう。

また、油を使って調理をするとより苦みを軽減させられる事がわかっているので、どちらかというと炒め物として使った方が良いですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか、ゴーヤの美味しい調理方法についてをご紹介いたしました。苦みがどうしても苦手という方は、塩と砂糖を使って苦み成分をもみだして、茹でる事でさらに苦みをカットするといいのです。

さらに付け加えておくと、ゴーヤのわたの部分が苦いと思われている方も多いかもしれませんが、実はゴーヤのわたの部分は栄養価が高いのです!

しかも苦い成分が含まれているのはわたではなく、緑色の実の方なのでわたは少し残して調理するといいのですよ!

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top