健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

お風呂のカビ予防対策方法大全集!クエン酸が効く?予防剤のおすすめは?

お風呂のカビ予防対策方法大全集!クエン酸が効く?予防剤のおすすめは?

お風呂のカビは、何度掃除しても繰り返し生えてきます。これは、かなり掃除に負担がかかりますよね。特に小さなお子さんがおられる家庭や、仕事に忙しい一人暮らしの方にとっては、お風呂掃除の手間はできる限り省きたい時間の1つだと思います。しかし、時間がなくて気が付いたらカビだらけということはありませんか?実は、毎日のちょっとしたことでカビの発生は予防できます。今回は、お風呂にカビを発生させない対策方法と、クエン酸など効果のある予防剤についてご紹介します。

<スポンサードリンク>

カビが発生する条件とは

kabi1

そもそも、カビはどのような条件がそろえば、発生してしまうのでしょうか。以下の3つの条件が主なものだと言われています。それは、①湿った場所、②栄養分がある場所、③適度な温度です。

まず、①湿った場所について。お風呂に入る際に発生する水蒸気が、カビ発生の主な原因です。また、床やタイル目地の間にも水分が残っている場合には、そこにも発生します。お風呂場は特に湿気がこもりやすく、換気扇をつけていても十分には乾燥させられないので、カビが発生しやすい場所の1つです。

次に、②栄養分がある場所について。カビの栄養分は、石鹸かすや人間の体から洗い落とされた皮脂などです。これらは、体を洗っている間に知らず知らず、浴室中に飛び散らせています。

最後に、③適度な温度について。カビは、5~35℃の温度で発生します。特にお湯を使うお風呂場は20~30度前後の温度は、カビが発生しやすいとされています。

以上の条件を1つでも崩せば、カビを予防することができます。

 

毎日のお風呂の後にやっておきたいカビ予防対策

kabi2

お風呂からあがる際、まずはシャワーでお湯をお風呂場全体にかけて、石鹸かすや皮脂を流します。45℃以上のお湯であれば、カビも死滅して流れるそうです。次に、シャワーの温度を冷水に切り替えて同じく全体にかけて冷やします。これによってお風呂場全体の温度を下げ、水蒸気を気体から液体にしやすくし、壁や床に水分を付着しにくくさせます。すなわち、温水・冷水シャワーで栄養分と水分を断つのです。

さらに、換気扇を回して換気をします。窓がある場合には、窓を開けて湿気を逃がします。余裕のある方は、100円均一にも売っているようなスクレーパーで壁や床に残った水分を排水溝まで流し、タオルで拭き上げます。

温冷シャワーと換気だけでも非常に効果はありますので、忙しい方はそれだけでも試してみてください。

 

定期的な対策でばっちり!ほぼ完ぺきにカビをシャットアウトする

kabi3

毎日のお風呂上がりの習慣に加え、週1回から、月1回は予防剤で対策をしておけば、ほぼカビは発生しなくなります。以下、おすすめの予防剤をご紹介します。

 

①クエン酸

クエン酸は、酸によってお風呂にこびりついた石鹸かすや皮脂を分解してくれる効果があります。また、真菌であるカビに対しても抗菌効果があるため、カビ自体を撃退してくれます。週1回程度、水に溶かしたクエン酸をスプレーすることで予防が可能です。

スポンサードリンク

②ルック おふろの防カビくん煙剤

kabi4

(引用元:http://www.amazon.co.jp/dp/B00NSMW18Q/?tag=b0f-22

天井のカビを予防するものです。天井は湿度が極端に変化するため、天井カビは子孫を残すべく、壁や床に発生するカビよりも多くの胞子を出すそうです。したがって、天井のカビ対策も重要なのです。こちらは、銀イオンの除菌効果でカビを1~2か月間予防してくれます。

 

③バイオ お風呂のカビきれい

kabi5

(引用元:http://www.amazon.co.jp/dp/B0017LJ25K/?tag=b0f-22

こちらも、天井からカビを予防してくれるものです。TM菌という微生物の力を利用します。TM菌が抗菌物質を作り出し、カビの成長・繁殖を抑えてくれます。使用されている微生物は、人体に影響を与えないため、安心して使用することができます。

 

まとめ

kabi6

いかがでしたか。入浴後のちょっとした工夫で、カビは大幅に予防できるものです。また、これに加えてクエン酸スプレーなどで定期的に対策を行っておけば、ほぼ完ぺきにカビを予防することができます。これを機に、気が付いたらカビだらけの生活から、毎日キレイなお風呂生活へと踏み出しましょう。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top