健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

重曹/クエン酸/セスキ炭酸ソーダの使い方と違いは?使えない場所はあるの?

最近の投稿

More
重曹/クエン酸/セスキ炭酸ソーダの使い方と違いは?使えない場所はあるの?

掃除方法をネットで調べるとでてくる”重曹””クエン酸””セスキ炭酸ソーダ”。

どれか1つは家にあるご家庭もあるのではないでしょうか?

しかし、この洗剤って何がどうちがうって分かってる人も少ないと思います。

 

そこで今回この記事では”重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダの正しい使い方とそれぞれの違い”について

ご紹介していきます!!

「重曹いいって聞くけど本当?」

「できればあまりつよい洗剤つかいたくない!」

「重曹の有効な使い方は?」

そんな疑問を持っている人にお役に立つ記事になってますので

最後まで読んで疑問を解決してくださいね^^

<スポンサードリンク>

重曹ってどんな洗剤??

E9878DE69BB9

(引用元:http://matome.naver.jp/)

では、早速重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダの

それぞれの違いをご紹介いたします!!

参考にしてください!!

まずは重曹から☆

 

重曹とは”炭酸水素ナトリウム”のことを言います。

天然のミネラルで昔は野菜のあく抜きや膨らし粉として利用されてきました。

弱アルカリ性なので油汚れを落としたり、クレンザーのようにピカピカにし

また、消臭効果がありますのであまり強い洗剤を使いたくない

キッチンなどで大活躍する洗剤になってます。

 

重曹はこんなところにで大活躍!!

重曹はご自宅の色んな場所で使うことができるので順に解説していきます。

キッチン編

・油が飛び散ったガスコンロ→汚れた場所に重曹をかけて、ぬれたスポンジでごしごし(クレンザーと同じ役割があります)

・においのついたまな板→まな板に振りかけて少し置いてから流すだけ♪

・湯飲みや珈琲カップの茶渋→直接振りかけてスポンジでごしごしこするだけ♪

・排水口のにおいけし→お湯と重曹+お酢を混ぜるて流すだけでにおいすっきり♪

リビング編

・カーペットやソファのにおい→重曹をかけてそのまま一晩放置し翌日掃除機で吸い込む

・シールはがし→重曹ペーストをスポンジにつけてごしごしするだけ♪

・芳香剤代わり→重曹1カップに好きなエッセンオイルでオリジナルの芳香剤♪

 

などなど・・・。

キッチンやリビングなどでいろいろ万能で使えます。

 

重曹の使用がNGなところは?

・アルミ→黒く変色してしまう

・フローリング→フローリングの輝きが取れてしまう

・畳→変色する

・液晶画面→傷つく

・木製品→表面がはがれて黒ずむ

 

基本的に研磨されても平気なところは大丈夫ですが、

研磨されて傷つくと困るものには使わない”!と覚えておくといいですよ!!

重曹については「【重曹の使い方】掃除以外に美容効果が?お風呂の入浴剤や消臭方法は必見!」の記事も参考に!

 

クエン酸ってどんな洗剤??

4528931000990_common

(引用元:https://www.the-seiyu.com/)

クエン酸とは、柑橘類(梅干・レモン類など)に含まれる有機化合物のことを言います。

梅干などは体にいいことで有名ですが、実は体だけではなくお掃除にも効果を発揮します。

とくに、キッチン・トイレ・お風呂などの水周りの掃除に大活躍するといわれています!

 

クエン酸は酸性ですのでアルカリ性の汚れに強いので

水垢・便器の黄ばみ、お風呂やキッチンの水垢などを

傷つけずやさしく落としてくれます!

 

こんなところで大活躍!!

クエン酸だって重曹に負けていませんよ!

キッチン編

・シンク→気になる水垢にクエン酸スプレー(クエン酸小さじ1/2+水100mlをスプレー容器に入れたもの)

をキッチンペーパーでスプレーして30分放置して流すだけでピカピカ♪

・電気ポット→水を最大量入れて、クエン酸大さじ1と1/2入れて沸騰させて、ゆすぐだけで黒ずみがなくなります!

・食器洗浄機→クエン酸大さじ4を入れて、洗うだけで水垢が綺麗になりますよ!!

お風呂&洗面台編

浴室→いすや鏡についた水垢にスプレーしてラップすればOK!!(くわしい掃除方法は次回ご紹介いたしますね!!)

・鏡→鏡をからぶきして、ティッシュの上からクエン酸をスプレーして半日放置し水拭きと乾拭きしたらピカピカ♪

・洗濯機→洗濯機に最大量の水を入れる(40℃が望ましい)。3分ほど運転してあとは一日放置し、翌日洗濯機を回すだけでOK!!

トイレ編

・便器→黄ばみがきになるところに、トイレットペーパーとクエン酸スプレーをし

10分放置しトイレットペーパーを流して汚れをこすったら黄ばみが綺麗になりますよ♪

リビング編

・タバコのにおい→タバコのにおいがついた布製品にスプレーをして

乾かすだけでにおいが取れます!(においがしつこい場合は漬け置きしてから洗濯しましょう!!)

・タバコの黄ばみ→黄ばみが気になるところにスプレーをしてふき取ると黄ばみが消えるそうですよ!

(壁紙によって吸い込んでしまうこともあるので、乾拭きするようにしましょう!!)

 

クエン酸が使えない場所は?

・大理石→クエン酸にはカルシウムを溶かす働きがあり

大理石に使うと、曇ったりツヤがなくなる。

・アルミ製品→アルミ製品はクエン酸のような酸性や塩分に弱いので。

・塩素系漂白剤(カビキラー、パイプユニッシュなど)→一緒に使ってしまうと毒性のガスが発生し

呼吸困難を引き起こすので絶対に一緒に使わないでください!!

 

クエン酸は主に、水周りに強く、やさしく落としたいところに使うのと

覚えておくといいですね!!

クエン酸は手あれを起こすことがありますのでお肌の弱い方は手袋をはめて

使用するようにしましょう!!

スポンサードリンク

セスキ炭酸ソーダってどんな洗剤??

20081026-2

(引用元:http://allabout.co.jp/)

 

セスキ炭酸ソーダは炭酸水素ナトリウムと炭酸塩の復塩のことを言います。

「それってどういうもの??」

って思いますよね。

簡単に言ってしまうと“重曹と似ているけど、重曹よりもアルカリ性がちょっと強い物質”

のことをいいます。

 

なので基本的にはあまり変わりませんが

重曹とちがいセスキ炭酸水は水にとけやすいので冷たい水に溶かすことも可能です!

そしてアルカリ性が重曹の10倍も含まれているので汚れ落としの効果があるといわれています。

詳しい使い方は「【セスキ炭酸ソーダの使い方】洗濯層黒カビ掃除に効果的?作り方は?」の記事を参考にしてください!

 

こんなところで大活躍!!

セスキ炭酸ソーダについてもご紹介します。

キッチン編

・換気扇→油汚れにスプレー(水500+セスキ炭酸ソーダ小さじ1)をかけて汚れが浮き上がったら

ふき取るだけでピカピカ♪(汚れがひどいときは、キッチンペーパーでシップする)

・ガスレンジ→換気扇同様に汚れにスプレーをして、ふき取る。(ひどいときはキッチンペーパーでシップをする。)

五徳などはちょっと濃いめのセスキ炭酸スプレーを洗いおけなどに入れて漬けておく。

・プラスチック製品の油汚れ→水3Lにセスキ炭酸ソーダ大さじ1をいれて、そこにプラスチック用品を入れて、少し漬けておく。

あとは、スポンジでこするだけでべとべとが取れますよ!!

リビング編

・スイッチ→セスキ炭酸スプレーをかけて。固く絞った雑巾などで水拭きします。

(キッチンペーパーでパックしてもOK!!)

・網戸→使い古したボディタオル(ナイロン製)とセスキスプレーで網戸を拭くと砂汚れなどが綺麗になります♪

拭き終わったら乾いた雑巾でふきます。

お風呂編

・浴室の壁→壁につきやすいカビにスプレーを吹きかけると綺麗にカビが落ちるので、カビキラーなど使いたくない人にオススメ♪

・浴槽、洗面器→スプレーをふきかけて、スポンジでこするとヌメヌメしたものがなくなります♪

洗濯編

・血液がついた衣類→バケツいっぱいの水+セスキ炭酸ソーダを大さじ1を入れて一晩つけて置き

翌日洗濯機でまわすだけで血液よごれが綺麗になりますよ!!

・洗濯層→洗濯層のカビにもセスキ炭酸ソーダを入れると綺麗になりますよ♪

(くわしい掃除方法は次回ご紹介します♪)

 

セスキ炭酸ソーダーを使ってはいけない場所は?

白木などの木製遺品→シミになってしまう。

・畳→色が変わってしまったり、シミになってしまう。

・アルミ類→黒ずんでしまう。

・水武器ができないところ→シミになる可能性がある。

 

セスキ炭酸ソーダーは、重曹で使えないところは使えないと覚えておくと

安心ですね♪

そして、重曹で落ちにくいところはセスキ炭酸ソーダを使うようにしましょう♪

 

★まとめ★

いかがでしたか?今回は「重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダ」についてご紹介しました!!

実際我が家でも現在すべて掃除で大活躍しています♪

 

とくにクエン酸は、トイレを失敗する息子がいる我が家では

無くてはならない存在になりつつあります♪

 

次回よりそれぞれの洗剤について

ご紹介していきますのでお楽しみに♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

この記事が皆様のお役に立てたらうれしく思います♪

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top