あさりの砂抜きのやり方で旨味に差が!簡単な裏ワザと時間・塩分濃度はコレだ!

あさりの味噌汁にあさりご飯、あさりの酒蒸しにあさりパスタとあさり料理はどれも美味しくて筆者も大好きです。そんなあさりですが、砂抜きが不十分だったりすると食事の途中で「ガリッ!」と砂に当たってしまうこともたまにありますよね。勢いよく砂を噛んでしまうと場合によっては歯痛や歯が欠けたりすることもあるので要注意。

「今日のあさりは砂が入っていないかなー」という不安を解消して安心して食べれる砂抜きのやり方おレクチャーしたいと思います。さらに今回はあさりの砂抜きの時に一手間加えるだけであさり自体の旨味をアップする裏ワザも教えちゃいますので砂抜きをするときに一緒に試してみてください。簡単に旨味がアップして味の違いに気づくはずです。

砂抜きで失敗する主な原因

  • 時間が足りない
  • 塩分濃度が適当
  • 台所や冷蔵庫に放置

新鮮なあさりを買ってきてボウルに塩水を張ってしっかり時間をかけて砂抜きを行ったはずなのにいざ食べたら「ガリッ!またか…。」と何度も失敗してしまう方の原因の多くは「砂抜き時間が不十分」「適切な塩分濃度を知らない」「明るい場所や冷所に放置」していることが考えられます。

砂抜きで失敗しないためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

あさりの砂出し上手さんはあさりの生態を熟知している!

あさりの砂抜きを完ぺきにマスターしたいならまずはあさりの生態を知ることから始めてみましょう。あさりの砂抜きをする時には「水を張ったボウルにあさりを入れて塩をひとつまみ入れて数時間放置」という知識はなんとなく知っているかもしれませんが、なぜ塩を入れて数時間放置しなければいけないのか疑問に思ったことはありませんか?

その答えこそがあさりの生態を知ることになりますので順に解説していきましょう。

スポンサーリンク

塩水にあさりを入れると砂を吐く理由

あさりは海中の植物プランクトンなどを捕食して成長しているわけですが、同時に海中の砂も食べてしまうためあさりは体内に入った砂を定期的に吐き出す活動を行っています。綺麗な水にあさりを入れると余計な砂を食べずに砂を吐き出してくれるのですべての砂を吐き出すまでは多少の時間がかかりますがじっくり待ってあげましょう。

また、あさりは生きていなければ砂も吐き出してくれませんし死んでしまうと加熱した時に殻が閉じたままになって開かない原因にもなってしまいます。

本来あさりは海水で生きているので、あさりの鮮度を保つためにもあさりを入れる水は水道水や真水ではなく塩水を使います。海水に近い濃度にしてあげることで生育環境を擬似的に作ってあげることが水に塩を入れる最大の理由です。塩分にビビって砂を吐くのではなく、あさりが活発に活動することで砂の排出が早まるのですね。

さらに知っておいていただきたいのはあさりは夜行性であるということです。なかなか口を開いてくれなかったりいくら時間をかけても砂を吐いてくれないと感じている方は台所などで放置していませんか?明るい場所よりも暗い場所の方があさりの活動は活発になるため、蓋をかけてあげたり暗所環境になるようにしてあげるとあさりも元気に動き出します。

あさりの生態メモ
  • 海水で生きている
  • 夜行性
  • 3月〜7月は産卵期となり栄養価がもっとも高く味も格別
  • 最適な水温は20℃前後(低すぎても暑すぎても活動が鈍くなる)

スポンサーリンク

これで完ぺき!あさりの砂抜き3つのテクニック

あさりの生態とあさりが砂を吐き出す理由が分かったあなたはもう砂抜き名人です!つまり、あさりの活動を活発にして砂を吐き出しやすい環境を作ってあげること自体が砂抜きテクニックなのです。主に「水の濃度」「明るさ」「時間」の3点に注意すれば誰でも簡単に砂抜きが成功してしまいます。でも、具体的な分量や塩の量、時間などまだ分からない方もいらっしゃると思いますので砂抜きの方法について一度まとめます。

あさりの砂抜きのやり方

  • 水:塩分濃度3%
  • 明るさ:暗所
  • 時間:夏場2〜3時間、冬場8〜12時間
  • 水温:保てるなら20度前後

あさりは温暖な環境の方が生育や活動が活発になるため、冬場よりも夏場の方が砂抜きに必要な時間は短くなります。また水温も同様で冷水よりもぬるま湯の方があさり自体の活動も盛んになるため常温に戻しておくと良いでしょう。冬までも室内の温度が高ければ常温で3〜4時間と夏場同様の時間でも可能なので最低3〜4時間と覚えておけば時間に関しては完璧です!(時短方法は後述する裏ワザを参照)

そして、海水と同じ塩分濃度にするには3〜3.5%の塩水になるように調整をします。水1リットルに対して3g(小さじ2/3ほど)なのでこの数字は覚えておいてくださいね!

準備が終わったら付近やまな板で容器に蓋をしてあげても良いですが、箱をかぶせて真っ暗にしてあげるのが一番簡単な方法でおすすめです。とにかく光を通さないようにすることがポイントです。

 

あさりの砂抜きに使える3つの裏ワザ

ここまではあさりの砂抜きの基本的なやり方となりますが、これだけでは満足できなあなたのためにあさりの砂抜きにまつわる3つの裏ワザをご紹介しましょう!

裏ワザ1:「ザル」+「ボウル」の組み合わせで砂を分離!

ボウルなどの容器で砂抜きをしても問題はないのですが、せっかく吐き出した砂をまた吸い込んでしまったり、あさりを取り出す時に少量の砂の混入を防ぐのに役立つのがザルを使って砂出しをする方法です。ボウルとザルがセットになっている容器を使うと吐き出した砂は下に沈んでくれますし、さらに取り上げる時に砂とあさりを分離できるので余裕のある方はお試しください!

裏ワザ2:砂抜きの時に「ハチミツ」を1滴加えると旨味が超絶UP!

このハチミツを加えるというちょっとした一手間を加える、あさりの旨味成分である「コハク酸」が増えてあさりがさらに美味しくなります。その理由は、海水にブドウ糖を加えるとあさりの成長が促進されるからなのですが、この方法をお試しになる場合は次に紹介する時短テクニックは使わないようにしましょう。ハチミツの量は上記の塩分濃度3%の塩水にハチミツを一滴たらすだけです!たったこれだけで驚くほどあさりが美味しくなりますのでぜひ試してもらいたい!

裏ワザ3:「50度のお湯」で砂抜き時間が超早くなる!

時間がない方は必見の時短テクニックがあさりの砂抜きにもあるんです!それは、50度のお湯で砂抜きを行うこと。この方法で砂抜きをすると15分ほどで砂抜きができてしまうという最強の時短テクです。お忙しい方や砂抜きを忘れてしまった方にとっては嬉しい時短テクですのでお試しあれ!

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★