子供に解熱剤を使うタイミングは何度?間隔・回数・持続時間の目安とは?

薬

赤ちゃんや子供は突然の高熱が出ることも少なくなく、インフルエンザや突発性発疹など乳幼児がかかりやすい感染症や病気の種類も実に数が多くあります。熱はすぐに下げてあげた方が子供も楽だし症状を軽減する効果があるものと思い込んでいるママも少なからずいらっしゃいますが、実は赤ちゃんや子供に解熱剤を使うときはママの自己判断で使用するのは危険なので自宅に余っている解熱剤や市販の解熱剤は小さなお子様には使わないようにしてください。

では、その解熱剤はどのような時やタイミングで使えば良いのでしょうか。基本は医師の指示や処方内容に従いますが、何度ぐらいの熱が出た時に使えば良いのか、また解熱剤の効果的な使い方や使用時の注意点などについても解説しようと思います。

自己判断で解熱剤を使ってはいけない理由

  • 病気の診断が難しくなる
  • 病気が長引く原因になる
  • 赤ちゃんや子供に使えない種類の解熱剤もある

まず、子供や赤ちゃんに解熱を勝手に使っていけない理由ですが、子供や赤ちゃんは色々な病気や感染症にかかりやすいためただの風邪による熱だと思っていても実は別の違う病気にかかっている可能性もあるのです。例えば、解熱剤を使ってもなかなか病気が治らないため後日病院を受診したりすると症状が曖昧で医師の診断も難しくなってしまうことがあります。また、解熱剤はあくまで病気を治すための1つの手段であり、解熱剤そのものに病気の症状を軽減したり治す効果は付与されていないので病気が長引く原因にもなってしまいます。特に乳幼児の赤ちゃんや子供に対して使える解熱剤の種類は限られているのでその点もママが自己判断で使ってはいけない理由です。

我が子のために自己判断は禁物です。高熱が出た際はその他の症状も観察して必要あれば病院を受診するようにしましょう。高熱が出ていてもケロッとしていて食欲もあり元気に遊んでいる場合は緊急度も低く、様子を見ながら受診しても構いません。しっかりと栄養を与えて熱による脱水予防のための水分補給も適宜行うようにしていれば大抵の場合は徐々に症状が落ち着いてきます。

 

解熱剤を使うタイミングとは?熱は何度から?

  • 38.5度以上の高熱時に使う

きちんと受診をした上で発熱時に使える解熱剤を処方してもらったあとはいつどのようなタイミングで使えば良いのでしょうか?医師によっては「熱が出たら解熱剤を使ってくださいね」と具体的に何度ぐらいの熱が出た時に使えば良いか説明してくれない方もいらっしゃるでしょう。その時は「何度ぐらいの熱がでたら使えば良いですか?」と医師または薬局の薬剤師に聞けば一番良いのですが、聞き忘れてしまった場合は38.5度以上の熱が出た時に使うと覚えておきましょう。

また、解熱剤は使い方が重要で案外間違った認識をしている方が多いのも事実です。効果が実感できない方や使い方に不安がある方は正しい解熱剤の使い方や目的を以下の記事でチェックしてみてみましょう。

参考記事:「熱が下がらない時の対処法!解熱剤の効果的な使い方と効かない原因はコレだった!」

スポンサーリンク

解熱剤の種類

  • 飲み薬
  • 座薬

解熱剤は主に飲み薬と座薬のいずれかになります。解熱剤はお子様に合わせて使いやすい方を選べば良いでしょう。使い方などは担当の医師のまたは薬剤師に受けた説明の通りに行っていれば特に問題はありません。何度も繰り返しますが、市販の解熱剤は安易に使わないようにしましょう。

 

解熱剤が効き始めるまでの時間

  • 服用後30分〜40分

解熱剤が効き始めるまでの時間は服用後30分〜40分が目安です。解熱剤に含まれる成分は胃への負担も大きいため空腹状態での使用は避けて服用する際は軽食を口にしてからや食後に服用しましょう。

 

解熱剤の使用回数と間隔・効果の持続時間

  • 効果時間:4〜6時間持続
  • 使用回数:2〜3回/1日
  • 使用間隔:1回使用したら6時間は空ける

解熱剤の効き目や効果の持続時間は解熱剤の成分や強さによっても異なりますが、4〜6時間は効果が持続するといわれています。そのため、1回服用したら最低でも6時間は間隔を空けるようにして、1日の使用回数は2〜3回を目安にしましょう。ついつい頼りたくなってしまう解熱剤ですが、上記で解説した使用タイミングを参考にしつつ医師の処方の元でご使用ください。

スポンサーリンク

★この記事を読んだ人に人気の記事★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です