健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

二十四節気とは?七十二候との違いや旧暦の読み方と覚え方について!

二十四節気とは?七十二候との違いや旧暦の読み方と覚え方について!

カレンダーやTVの天気予報で、見聞きする「大暑」や「夏至」などの言葉。言葉のひとつずつについてよくみていくと、なるほど~と思ったり、日本語の美しさを再認識できることをご存知ですか?皆さんも、日常に埋もれてしまいがちな言葉や時間の流れに、ほんの少しだけ目を向けてみませんか??(画像引用元:http://www.i-nekko.jp/

<スポンサードリンク>

二十四節気とは?

簡単に述べてしまうと、一年を二十四に区切り、気候にあった言葉をつけていった季節の節目です。毎年少しずつ日にちは異なってきます。現在の季節感と言葉が合わないと思う方もいらっしゃるかもしれません。例えば「立秋」は8/8頃にやってきます。猛暑日続出の頃ですよね?
しかし二十四節気では立秋からは秋、となっています。暑さの山の頂上(立秋)まで来たら、あとは涼しくなっていくほうへと下っていく区切りとして「立秋」なのだという考えだとのこと。そう思うと、どんな暑さも少しずつでもおさまっていくのだなぁと、猛暑対策をしながらもどこかで気が楽になりそうな気がしませんか?
もちろん、冬の寒さに対しても、また同様に…。

img_02

引用元:http://www.i-nekko.jp/

現在使用されているのはグレゴリオ暦という「太陽暦」、それ以前は「太陰太陽暦」を使用していました。太陰暦と季節を結び付けようと生み出されたのが二十四節気。祝日になっている日や、冬至のように柚子湯やかぼちゃを食べる習わしのある日もありますね。
春は「万物が発る季節」⇒立春~立夏前日、
夏は「熱の季節」⇒立夏~立秋前日、
秋は「木の葉が赤く染まる季節」⇒立秋~立冬前日、
冬は「万物が冷える(ひゆる)季節」⇒立冬~立春前日、となります。
二十四節気の詳細についてはこちらと下記の表をご覧ください♪

目安 目安 目安 目安
立春
(りっしゅん)
2月初 立夏
(りっか)
5月初 立秋
(りっしゅん)
8月初 立冬
(りっとう)
11月初
雨水
(うすい)
2月中 小満
(しょうまん)
5月中 処暑
(しょしょ)
8月中 小雪
(しょうせつ)
11月中
啓蟄
(けいちつ)
3月初 芒種
(ぼうしゅ)
6月初 白露
(はくろ)
9月初 大雪
(たいせつ)
12月初
春分
(しゅんぶん)
3月中 夏至
(げし)
6月中 秋分
(しゅうぶん)
9月中 冬至
(とうじ)
12月中
晴明
(せいめい)
4月初 小暑
(しょうしょ)
7月初 寒露
(かんろ)
10月初 小寒
(しょうかん)
1月初
穀雨
(こくう)
4月中 大暑
(たいしょ)
7月中 霜降
(そうこう)
10月中 大寒
(たいかん)
1月中

七十二候とは

二十四節気を、さらに細かくすることで季節や動物の動きに寄り添う節目の七十二候になります。とても綺麗な言葉が72も並んでいます。例えば…芒種(6月中)の中に「枯れたる草蛍となる」(かれたるくさ ほたるとなる) という言葉があります。梅雨期のさなか、夜になるとカエルがにぎやかに鳴き、蛍がほんわりとした光を放ちながら飛んでいる、まさに日本の原風景のような景色が浮かんでくる気がしませんか??ぜひ一度、目にしていただきたいと思います!!
七十二候は5日ほどの短期間刻みの構成から成っているために、現在の自然現象とは一致しないこともあるので、季節の節目の目安として見てください。中国から伝来し、日本で手を加えられたものという点も加味してくださいね。

54646044e3427-4739-44aa-8b39-a1ade8088d54_m

引用元:https://retrip.jp/

節気 七十二候 よみかた
立春 1候 初候 東風 凍を解く はるかぜ こおりをとく
2候 次候 うぐいす 鳴く うぐいす なく
3候 末候 魚氷を上る うお こおりをいずる
雨水 4候 初候 土脈 潤い起こる どみゃく うるおいおこる
5候 次候 霞 始めてたなびく かすみ はじめてたなびく
6候 末候 草木萌え動る そうもく めばえいずる
啓蟄 7候 初候 すごもりの虫戸を開く すごもり むしとをひらく
8候 次候 桃始めて 咲く もも はじめてさく
9候 末候 菜虫 蝶となる  なむし ちょうとなる
春分 10候 初候 雀 始めて 巣くう  すずめ はじめて すくう
11候 次候 桜 始めて開く  さくら はじめてひらく
12候 末候 雷乃ち 声を発す  かみなりすなわち こえをはっす
晴明 13候 初候 玄鳥 至る  つばめ いたる
14候 次候 鴻鴈 かえる  こうがん かえる
15候 末候 虹 始めてあらわる  にじ はじめてあらわる
穀雨 16候 初候 霞 始めて生ず  かすみ はじめてしょうず
17候 次候 霜止で 苗出ずる  しもやんで なえいずる
18候 末候 牡丹 はなさく  ぼたん はなさく
立夏 19候 初候 蛙 始めて鳴く  かえる はじめてなく
20候 次候 みみず 出ずる  みみず いずる
21候 末候 竹の子 生ず  たけのこ しょうず
小満 22候 初候 蚕起きて 桑を食む  かいこおきて くわをはむ
23候 次候 紅花栄う  べにばな さかう
24候 末候 麦秋至る  むぎのとき いたる
芒種 25候 初候 蟷螂生ず  かまきり しょうず
26候 次候 腐れたる草 蛍となる  くされたるくさ ほたるとなる
27候 末候 梅のみ 黄ばむ  うめのみ きばむ
夏至 28候 初候 乃東 枯る  なつかれくさ かるる
29候 次候 菖蒲 はなさく  しょうぶ はなさく
30候 末候 半夏 生ず  はんげ しょうず
小暑 31候 初候 温風 至る  あつかぜ いたる
32候 次候 蓮 始めて開く  はす はじめてひらく
33候 末候 鷹乃ち わざをならう  たかすなわち わざをならう
大暑 34候 初候 桐 始めて花を結ぶ  きり はじめてはなをむすぶ
35候 次候 土潤いて むし暑し  つちうるおいて むしあつし
36候 末候 大雨 時々に降る  だいう ときどきにふる
立秋 37候 初候  涼風 至る  すずかぜ いたる
38候 次候  寒蝉 鳴く  ひぐらし なく
39候 末候  深き霧 まとう  ふかきかすみ まとう
処暑 40候 初候  綿のはなしべ 開く  わたのはなしべ ひらく
41候 次候  天地 始めてさむし  てんち はじめてさむし
42候 末候  禾乃ち みのる  こくもの すなわちみのる
白露 43候 初候  草露 白し  くさつゆ しろし
44候 次候  鶺鴒 鳴く  せきれい なく
45候 末候  玄鳥 去る  つばめ さる
秋分 46候 初候  雷乃ち 声を収む  かみなりすなわち こえをおさむ
47候 次候  虫かくれて 戸をふさぐ  むしかくれて とをふさぐ
48候 末候  水始めて 涸る  みずはじめて かるる
寒露 49候 初候  鴻鴈 来る  こうがん きたる
50候 次候  菊花 開く  きくのはな ひらく
51候 末候  螽斯 戸にあり  きりぎりす とにあり
霜降 52候 初候  霜 始めて降る  しも はじめてふる
53候 次候  小雨 時々降る こさめ ときどきふる
54候 末候  楓蔦 黄ばむ  もみじつた きばむ
立冬 55候 初候  山茶 始めて開く  つばき はじめてひらく
56候 次候  地 始めて凍る  ち はじめてこおる
57候 末候  金盞香  きんせんか さく
小雪 58候 初候  虹かくれて見えず  にじ かくれてみえず
59候 次候  朔風 葉を払う  きたかぜ はをはらう
60候 末候  橘 始めて黄ばむ  たちばな はじめてきばむ
大雪 61候 初候  閉塞 冬となる  そらさむく ふゆとなる
62候 次候  熊 穴にこもる  くま あなにこもる
63候 末候  さけの魚 群がる  さけのうお むらがる
冬至 64候 初候  乃東 生ず  なつかれくさ しょうず
65候 次候  さわしかの 角おつる  さわしかの つのおつる
66候 末候  雪下りて 麦のびる  ゆきわたりて むぎのびる
小寒 67候 初候  芹 乃ち 栄う  せり すなわち さかう
68候 次候  泉水 温をふくむ  しみず あたたかをふくむ
69候 末候  雉 始めて鳴く  きじ はじめてなく
大寒 70候 初候  蕗の花 咲く  ふきのはな さく
71候 次候  水沢 氷つめる  さわみず こおりつめる
72候 末候  鶏 始めてとやにつく  にわとり はじめて とやにつく

こんな風に素敵な表現が、暦にあったのです…(≧▽≦)

スポンサードリンク

二つの違いは?旧暦の読み方と覚え方は??

二十四節気は一年を二十四に区分けし、七十二候は二十四節気をさらに3分割したものです。
24×3=72で七十二候、です。

旧暦の読み方

カレンダーによっては、毎月表記されているものもありますね。

この名称が旧暦の読み方に当たります。

1月 睦月 むつき
2月 如月 きさらぎ
3月 弥生 やよい
4月 卯月 うづき
5月 皐月 さつき
6月 水無月 みなづき
7月 文月 ふづき
8月 葉月 はづき
9月 長月 ながつき
10月 神無月 かんなづき
11月 霜月 しもつき
12月 師走 しわす

旧暦の覚え方

これが旧暦か!と思っても「順番を覚える!」となるとややこしいですよね(;・∀・)

干支のように「ね~うし、とら、たつ、み~…」と覚えやすいふしがなかなかありません。

情景や行事を思い浮かべて覚える作戦で行ってみましょう!

1月 / 睦月⇒お正月の月。みんなが集まって「仲睦まじく団らん」をする月。

2月 / 如月⇒寒さ厳しい時期。重ね着を多くする「着更着」(きさらぎ、着て更に着る) 月。

3月 / 弥生⇒寒さが緩み始めお花見も始まる時期。「や~よいよい♪楽しいね」とお花見の席を。

4月 / 卯月⇒新生活の時期。「新入生」「新入社員」新たに生まれる「う」をもらった月。

5月 / 皐月⇒誰ですか~?皐月賞を思い浮かべた方(´艸`*)変換すると出ますよね(;・∀・)

6月 / 水無月「田んぼに水を張る月」「梅雨明けでカラッとして水がない月」

7月 / 文月⇒七夕の月。短冊に願い事のお手紙をしたためる「文 (ふみ) の月」

8月 / 葉月⇒夏の緑が鮮やかな時期。「葉の月」(☆旧暦では秋、落葉の時期でもあります)

9月 / 長月⇒十五夜のお月見の時期。「長く月を眺めていたいなぁ…の月」

10月 / 神無月⇒神様が一堂に出雲大社に集まるという月。「神様がお留守の月」

ちなみに出雲では「神有月」というのは有名ですね。様々にお話合いしているそうですよ…。

11月 / 霜月⇒寒さが忍び寄ってくる時期。「霜柱が立ちそうな月」

12月 / 師走⇒締めくくりの時期。「いつもは物静かなお師匠様も走るほどの忙しさの月」

いかがでしょうか??イメージを膨らませながら思い浮かべると覚えやすくなります。

古式ゆかしい世界に触れるとゆったりしませんか?

いつもカレンダーで見ている月の名前にもこんな意味が込められていたり、七十二候も綺麗な日本語がずらりと並んでいて、読んでいくだけでも様々な景色が目の前に浮かんできませんか??これから少しずつ暦の内容や意味について触れていきたいと思いますので、お待ちくださいね。日本の風習を様々な角度から眺めてみる楽しさをお伝えできたらいいなと考えております(^^♪

imgrc0067052775

引用元:http://item.rakuten.co.jp/

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top